出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

パパ活 女性向けコラム

社会人の副業で風俗のバイトはオススメしない。元風俗嬢がデリヘルやピンサロのデメリットを解説する。

2019年3月17日

ども!元風俗嬢のアヤといいます。

今は某保険会社の営業をしていて、今年で29歳になります。

さて、私は23歳~27歳までの間、デリヘル嬢を4年ほどやってました。

そうです、副業しながら風俗をしていたんですよ~。

それで、今回私が言いたいことは、副業で風俗嬢はオススメできない、ということです。

「風俗って体で稼ぐ仕事だし大変だよ!」みたいに優しいことを言うわけじゃないです。

はっきり言って社会人のバイトで風俗はコスパ悪すぎ!

嫌なことがあっても我慢して、汚い男のアレを奉仕して、なんとか月20万。

そんな世界なんですよ。

ネタばれになるけど、風俗するくらいだったら、パパ活の方が稼げますよ。

「いやいや、パパ活だって売春だし、風俗みたいなもんでしょー!」

っていう人いますけど、風俗は許せて、パパ活を拒否するのはめちゃくちゃもったいない。

今は休日メインでパパ活をしていて、週1回のデートで月50万は堅いです。

「それマジ?」
「そんなラクに稼げるわけないでしょー!」

と思うなら、どうぞ風俗をやってください。

とはいえ、私も元風俗嬢のはしくれ。

風俗業界でいろいろなつらい経験をしてきました。

風俗業界に足を踏み入れる前に、まずは私が経験した「副業としての風俗のリアル」を知ってほしいです。

ラクに大金を稼げると思うなら、一度思い留まるべきですよ( ゚Д゚)!


会社にバレないからといって風俗嬢を選ぶのは危険。

大学を卒業して、社会人になった時に私が感じたのは、給料の低さでした。

「手取り18万?きつすぎでしょ…。」
「家賃、スマホ、その他もろもろ引いて残るのが7万くらい。」
「そこから食費と奨学金も引いて残るのは…?」

と、新卒時からあまりの給料の低さに絶望していた記憶があります。

なので、当時は「会社にバレにくい」と聞いたことがある風俗のバイトを真っ先に選択しました。

風俗って、女の子とお店が契約をするけど、実際は「個人事業主」という扱いです。

源泉徴収とか住民税から会社にバレるリスクが少ないんですよ。

まぁ税金関係を自分で処理するっていう面倒さはあるけど、「会社へのバレにくさ」から風俗を副業として選択する女の子は多いです。

「じゃあ、本当にバレないの?」

って聞かれると、ぶっちゃけバレるリスクは余裕であります。

安い風俗は身バレするリスクがある。

風俗と言っても、ピンサロやデリヘル、ソープなどがあります。

中でも男性の料金が安く、回転率の早いピンサロは危険です。

一日にさばく人数は多いので、その分知り合いと遭遇するリスクはあります。

たとえば、男同士の飲み会の締めで、ピンサロに行くっていうのはよく聞きますね~。

で、客の1人が会社と同じ部署の人だった…!っていうことはあります。

「いやいや、それはないでしょw」

と思った人は甘い。風俗業界舐めすぎですよ。

たとえ、会社や自宅から離れた場所、縁もゆかりもない地域で働いていても、知り合いが来るってことがあります。

なにがあるかわからないのが風俗ですよ。

それに、女が思っている以上に、社会人の男、会社の男はピンサロやデリヘルなどを使ってます。

「ピンサロ行ったら妹がいた!」

みたいに、笑い話のようなリアルな話もあるくらいです。

なんで、「風俗のバイト=会社にバレない」ってことはまずないです。

お店は風俗嬢を守ってくれない。

働いていることを隠すような、女の子をフォローする風俗店は多いです。

「アリバイ会社を提携しています!」
「周りには絶対バレません!」

なんて広告みたことがありませんか?

実際はお店に知られていることは、客も知っていると思っていいですよ。

風俗の店員ってだらしない店員が多いですからね。

普通の人が風俗に働くと思いますか?

一般職から外れたなんらかの事情がある人が風俗業界にやってくるんですよ。

「アヤちゃんって○○会社(勤務先の親会社)なんでしょ?」

と客から言われたこともありますよ。

そんなこと知ってるのって、店員だけだったんだけどな…。

なんで、店員から嬢のステータスが漏れるってことはよくあります。

さすがに客に情報が漏れたときは、お店にブチギレましたけど、「じゃあ今回だけ料金全額バックするから~」とだけ言われて流されました。

お店にとって、客はお金を落とす神様。

風俗嬢にトラブルがあっても、まず売り上げや、利益を優先されるので注意しましょう。

指名が貰えないとハズレ客ばかり回される。

たとえば、あなたがアラサーの場合、風俗業界では圧倒的に不利です。

風俗業界は若さが大切です。

年齢だけ即採用されることも多いです。

男ってやっぱり若くて可愛い子が好きですからね。

年齢がそれなりに行ってると、まず本指名が貰えません。

指名料金が貰えないので、給料も減るんですけど、なにより厄介なのがハズレ客を回されるということ。

何度断っても、しつこく本番を求める親父。
フェラしてたら、無理やり頭を押さえてイマラしてくる中年男。
見るからに不潔な、フケまみれのキモイ男。

そんなハズレ客を対応しなければならなんですよ。

たとえ若くても、容姿に自信がなかったら、なおさら指名は貰えにくいです。

「お店のサイトの年齢って誤魔化せるんでしょ?」

っていう人もいるけど、一度でも「老けてみえる嬢」」として客に認識されると、復帰は難しいです。

ネット上では、風俗店の口コミサイトがあって、「あの子は可愛い」「あの子は本番を許してくれる」といった情報交換がされています。

「サイトのプロフより年齢サバ読みしている」
「本番誘った途端に、サービス悪くなった」
「サイトの写真と比べると、めっちゃブス」

と書かれてしまうこともあります。

指名をもらいやすくするために、本番禁止店でセックスを許す嬢も多いです。

臭い客の相手して、月20万は割りに合う?

ソープ以外の風俗店では、基本的には本番は禁止です。

とはいえ、挿入を求めてくる客はめちゃくちゃ多いです。

マニュアル通りに丁寧に断ると、

「そんなんじゃ、指名を貰えないし、やっていけないよ?」

と上から目線で説教する男が多いこと。

時には本番を許して、女性のアソコをガシガシいじられ、細菌性膣炎になったこともありました。

体を許して、店にも文句を言えず、臭いチンカスだらけの客を相手にする。

週1日のペースで、一日6~8時間なんとか耐え抜いて、月20万ですよ。

これって割に合いますか?

正直、労力と給料が割りに合わないと思うんですよ。

うつ病になる人もいますし、メンヘラになって腕切っちゃう子もよくいます。

週1で嫌な思いをするくらいだったら、パパ活の方がラクっすよ。

パパ活の場合、お喋りメインのデートだけで、一回4~5万貰えることもよくあります。

もちろん体を売れば、10~20万ほど貰えることも多いけど、体を許すかどうかは女の子次第です。

それに風俗と比べて、何人の男に体を売るわけじゃないです。

女の安売りをしないで済むんです。メンタル的にはかなりラクチンですよ。

>>参考:体を売らずに週1デートで5万稼げるパパ活。やり方を丁寧にまとめました。

会社で働きながら、風俗嬢をするのはメンタルが病む。

本業の後や、休日に風俗嬢をしていると、だんだん病んできます。

疲労感もたまり、本業の仕事はヘトヘトになってミスも連発。

上司からは「おまえのせいでクレームもらってるんだけど?」と呼び出され、ボロクソに説教されたこともあります。

平日は本業で、休日は風俗。

そんな働き方をしていたら、次第に私もうつ病になりました。

もう普通の仕事ができなくなってしまい、気づいたときには、本業も風俗も辞めてしまいました。

それが今から2年前、27歳の時ですね。

風俗嬢が突然、消えてしまうことはよくあります。

私がデリヘル嬢をやっていた時も、「○○ちゃんが蒸発しちゃってさ~」と店員同士が話しているのをよく聞きました。

それほど、メンタルがやられる仕事だし、病んでしまった時にはもう取返しのつかないことが多いです。

特にソープはメンヘラ製造業で、ソープをやっている8割くらいの女の子はどこかオカシイです。

ピンサロやデリと比べて、本番ができるという風俗ということもあり、ほとんどの子が病んでいます。

それにソープの場合、ディープな客が多いのが特徴です。

「女の体は俺のもの」
「女なんて性欲を解消する道具」

と考えている客は多く、レイプまがいのプレイも多いです。

ソープで働いている私の友達の話だと、野菜を用意されて、無理やり詰められ、感じているフリをしたと愚痴っていました。

それほど体やメンタル的にも負担のかかるんですよ、

ソープだけは辞めておいた方がいいっすよ!

風俗やるくらいなら、パパ活した方が効率的。

風俗はもう引退していますが、今は事務をやりつつパパ活をしています。

パパも2人だけキープしていて、週1のデートで月50万貰っています。

もちろん体は売っていません。

「体を売らずに50万なんて無理でしょw」

って思われるかもしれませんが、パパ活をする男性はいろんな人がいます。

私がキープしているパパの1人は、会社の経営者で60代後半のおじさんです。

だけど、数年前に前立腺癌にかかってしまって、手術でアソコを半分切っちゃったんだとか。

それ以来、インポになってしまって、セックスができない体になってしまったんです。

でも、60代のおじさんと言っても、寂しがり屋。

家族も孫もいないおじさんは、やっぱり誰かに頼りたくなるようで、私が話相手をしています。

まぁセックスはしないけど、手をつないだりはします。体の関係はそこまでだけどね。

ある時、誕生日に車を貰ったことがありました。

「いやさすがに車はちょっと申し訳なさすぎる…」

って思って断ろうとしたんです。だけどおじさんは、

「私は家族もいない寂しい男なんだ。でもこうして君と一緒にいると落ち着くし、気分が晴れるんだ」
「だから、そのお礼として受け取ってくれないか?」

と言われて、車(Aquq)の新車をいただきました。

風俗をやっていて、誰かにお礼とか感謝を言われたことなんて、一度もありませんでした。

風俗なんて隙あらば本番誘ってくるような男ばかりです。

たとえ「可愛いね~」なんて言われても、それはヤリたいから言ってくるんですよ。

おじさんの気持ちは本当に嬉しくて、びっくりしました。

私はお金目的だったとはいえ、自分が誰かの役に立っていたとは思いませんでした。

なによりパパ活にやりがいを感じたんです。

そんな訳で、風俗よりも体を売らずに稼ぐことができて、しかもやりがいを感じる。

私が風俗よりもパパ活をオススメする理由ですね。

パパ活をして本業の給料を超えよう。

パパ活をして、月10万も稼げるようになると、グッと生活に余裕が出てきます。

ロエベやジルスチュアートだって、欲しいものは我慢せずに買えます。

海外旅行だって気兼ねなく行けるし、性格も変わりますよ~!

「パパ活って年齢が若くないと無理なんじゃない?」
「大学生くらいが稼ぎやすいって聞くよ?」

っていう人もいるけど、アラサーでも全然稼げます。

中には、30代半ばのシンママさんでさえ、月100万稼ぐ人もいるみたいです。

パパ活に慣れてしまえば、太パパを見つけるコツもわかってきます。

本業の月収を超えてしまうこともよくあるので、お金のコントロールには注意しましょうね。

さて、パパ活する上でのポイントをお話しします。

パパ活で最も重要なことはサイト選びです。

現在パパ活ができる主な場所は「出会い系」です。

しかし、出会い系サイト・アプリによっては、男性がほとんど集まっていなく、貧乏人しかいないような出会い系もあります。

ここ最近話題となっている出会い系やパパ活アプリほど、ロクな男性はいません。

男性無料の出会い系サイトだと、ヤリ目の男も多いですし、運営が詐欺業者と手を組んで、悪質サイトへ誘導していることもあります。

そこで私がオススメするのが、大手出会い系サイトの「ワクワクメール」です。

ワクワクメールは2001年からサービスしている大手出会い系で、街頭看板や女性向けの雑誌にもよく広告を出しているので、一度は名前を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。

男性も女性も多くの登録者がいて、750万人ものユーザーがいるので、パパ活もやりやすいですよ。

パパ活のやり方も簡単です。

①プロフィールを設定する。
②掲示板に書き込む
③メールが来るので、やりとりをする。

これだけです。

365日24時間の有人による運営サポートも行っているので、なにかトラブルがあった時に安心できます。

それにワクワクメールは特に悪質ユーザーの取り締まりには力を入れています。

登録する際には電話番号認証、年齢認証を行う必要があるので、悪質ユーザーや業者も簡単には登録できません。

こういった会員をサポートするシステムに力を入れているので、安心してパパ活を始めることができます。

自分を応援してくれる人を探すなら、ワクワクメールでぜひ出会いを探しましょう。

-パパ活, 女性向けコラム

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.