出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

男性向けコラム

20代童貞で風俗での性病が怖いならネトナンをするべし。ソープで初体験するデメリットを解説する。

2019年3月26日

ども!ヒロキです!

風俗に行ってみたいけど、性病が怖い…

と悩んだことはありませんか?

僕は22歳まで童貞で、童貞卒業するために思い浮かんだことは「風俗」でした。

しかし、月1の性病検査があると聞いていましたが、性病リスクはゼロではない。

もしかしたら、初体験からクラミジアとか梅毒を貰うことだってあるし、HIVをもらうことも…。

そんなことを気にしていたら風俗に行くことはできませんしたが、僕も男。

21歳の時に初めて風俗、それもソープに行きました。

結論から言えば、童貞を卒業することはできませんでした。

そして「風俗で童貞卒業するのはコスパが悪すぎる!」と思ったものです。

正直、風俗で初体験するくらいなら、それよりももっと安い金額で、安全に童貞卒業する方法があります。

でも風俗って安全って聞くよ…?

風俗行ったら人生変わるって聞くし…

という人もいます。

風俗にもいろいろなリスクやデメリットがあり、それらを考慮すると童貞にはオススメできません。

さて、今回は初体験に風俗がオススメできない理由やデメリット、また簡単にセックスするコツをお話しします。

風俗のデメリット1.性病リスクがある。

まず初めに伝えたいのが性病リスクがあることです。

デリヘル嬢、ソープ嬢、ピンサロなどでも、どの風俗でも性病リスクはあるんです。

ゴム付ければ大丈夫でしょ~

月に1回検査しているから平気じゃない?

高級店なら性病対策とかしっかりしてるでしょ?

という人もいますが、そんなことないです。

たとえ挿入しなくても、フェラされた時に、女の子の口内粘膜に性病になる菌がついていればクラミジアにだってなります。

もちろんディープキスから菌が移って、扁桃炎になることも…。

風俗の性病検査って、「今までは性病にならなかった」という証明にしかならないんですよ。

ここ1か月間は性病にならなかったけど、サービスを受けている時は性病になっていないという保証はありません。

風俗の性病検査って気休め程度にしかならないんですよね。

なのでどうしても性病が怖いなら、経験人数が少ない女の子や、素人女を抱いた方がリスクはグッと減ります。

風俗のデメリット2.ハズレ嬢だった時はテンションガタ落ち。

ソープやデリヘル店のサイトを見ていると、どの女の子もカワイイです。

それで気になった女の子を指名してみると、実際はとんでもないモンスターが…。

ということがよくあります。

サイトに載せている写真が本物の可能性は限りなく低く、パネマジ(パネルマジック)の可能性が高いです。

僕が初めてソープに行った時も、写真では広瀬すずでしたが、実際は草間彌生似のババアでした。

さすがに僕の息子のテンションもガタ落ち…。

萎えすぎて挿入できなかった…、というのが、風俗で童貞を捨てられなかった経緯ですね。

風俗店の写真はまず加工されていると考えていた方が良いです。

加工っていってもそこまで変わらないでしょ?

高級店のソープとかだと、モザイク入ってないよ?

と考えているならより注意がしてください。

体形なんていくらでもフォトショップで誤魔化せます。

ウエスト58cmって書いてあるけど、本当はウエスト 90cmオーバーなんてことはよくあります。

それにAVのパケ写詐欺と似ていますね。

AVの表紙と、女優のリアルの顔がかけ離れていてがっかりしたことが、男なら一度は経験があるのではないでしょうか。

性病に限らず、風俗ではとんでもないハズレ嬢を引いてしまうことがあることを忘れないでください。

風俗のデメリット3.本番をするのは料金がかかる。

風俗で本番するためには、それなりに料金がかかります。

ソープだったら3~4万普通にかかりますし、高級店なら5万を越えることも多いです。

デリヘルで本番をする!となった場合には裏料金がかかりますし、本番ができないところもよくあります。

僕のように本番を期待してソープに行ったものの、ドブスがでてきて金だけなくなる、というのは最悪ですね。

こうなると、ますます女に対する抵抗感を感じ、童貞をこじらせることになりますよ。

アラサーで童貞ともなると、より女を抱く難易度が上がります。

今までの人生で女とロクに接することができなかったのに、これから先、普通の女を抱けるのか、というと微妙ですよね。

童貞は早めに捨てるべきです。

しかし、金を払ってブスを抱いて、初体験が嫌な思い出にならないように、ある程度女の子を選ぶことが大切ですよ。

風俗のデメリット4.他人のペニスを咥えた口とキスしたくない。

自分がソープに行く前には、その女の子は確実に他人のペニスを咥えているんですよ。

たとえば一番最後にペニスを咥えた、ごっくんしたっていうのが半年前、1年前とかだったらいいかもしれないです。

自分が風俗に行く2~3時間前には、40過ぎのおっさんちんこを咥えて「どこが気持ちいい?」なんて言っているかもしれません

その口で、僕とキスをしたり、僕の体を舐めるのかも…。

そう思った途端に僕は風俗に行くのがちょっと抵抗感がでてしまいました。

僕は潔癖症ではないです。

だけど不特定多数のちんこを舐めて、体を舐めて、そして風俗嬢自身もいろいろなおっさんに触られている。

そんな女の子に風俗嬢に童貞を捧げるはもったいないと思いませんか?

やはり男経験がそれほど多くない、素人女と初体験を済ました方が、気持ちもスッキリしますよ。

風俗が怖いならネトナンをしろ!

性病が怖いし、ハズレ嬢を引くのも怖い。

それにお金だってある程度抑えたい…!

というのであれば、ネトナン(ネットナンパ)をオススメします。

ネトナンとは、ネット上に掲示板などで女の子に声をかけて、出会うことです。

正直、風俗嬢と比べて、不特定多数の男にやられているわけでもないので、性病をもらうリスクはかなり低いです。

でも、ナンパでしょ?ナンパなんて怖くてできないよ…。

顔に自信がないし、ナンパなんて無理だよ…。

と思うかもしれません。

路地裏で行うストリートナンパと比べて、ネトナンは実際に対面するわけではありません。

基本的には、メールやLINEやりとりになるので、顔に自信がなくても女の子をデートに誘えます。

それに僕自身、えなりかずき似の華のない顔ですが、ネトナンを使って何人の女も抱いてきました。

出会った女の子に話を聞いてみると、顔よりも「話が合う」とか「清潔感」を重視する子が多いです。

なので顔はそこまで重要ではないですよ。

出会い系を使ってネトナンを始めよう。

ネトナンはtwitterやFacebookなど、いろいろな場所で行えます。

中でも「出会い系」でのネトナンは最も難易度が低く、奥手な男性や女経験のない人でも始めやすいです。

出会い系の場合、女性自身が出会うことに積極的です。

「誰かに話聞いてもらいたいな~」
「暇だからお茶したい」
「嫌なことあったから誰か愚痴聞いてよ~!」

こういった女の子が登録しています。

そのためデートの約束もしやすく、上手くいけばその日の夜にラブホへお持ち帰り。

たとえ即日Hができなくても、何度かやりとり、デートを重ねるうちにヤレるチャンスが生まれることが多いです。

僕自身、22歳まで童貞でしたが、出会い系を初めてからは、3~4人のセフレを常にキープできるようになりました。

もちろ性病にかかったことは一度もありません。

中には、

「今まで女子高、女子大で男性と付き合ったことがないんです…」

といったように、男経験ゼロの女の子も登録しています。

こういった女の子と出会うことは、まずリアルの生活だけでは無理ですよね。

でも、やっぱり出会い系って怖くない?

という人もいます。

確かに僕も出会い系を始めるまではかなりビビッていました。

しかし、「対面して接しなくていい」「自宅でできる」「料金が安い、出会うまでに500~1000円」というメリットを考えれば、出会い系は便利ですよ。

正直、出会い系を使って、女も抱けないようでは、この先一生童貞ですよ。

それに出会い系をやる勇気もないようでは、一般の女の子を抱くことなど難しいでしょう。

ただ、「どうしても童貞を捨てたい!」「セックスを経験したい!」というのであれば、出会い系は最適です。

それほど簡単にセックスを経験できますし、1000円程度課金すれば、1ヵ月で童貞を捨てられますよ。

ぜひ出会い系を使い、初体験を経験しましょう。

性病リスクを考えずに、素人女を抱けるのは本当に気持ちいいですよ。

-男性向けコラム

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.