男性向けコラム

出会い系にいる美人局の特徴と見分け方とは?一番の対策は女をリードすること

どうも!ヒロキです!

出会い系を始まる前って不安に感じることって多いですよね~。

僕も、「周りに出会い系してることバレたらどうしよう~」とか「事件に巻き込まれたどうしよう~」とか思っていました。

さて、出会い系初心者が最も不安に感じることは、「美人局」ではないでしょうか。

実際にデートの約束をしてホテルまで行ったけど、その後に怖いお兄さんたちが出てくる…。

こんな怖い想像を持っている方も多いと思います。

正直、ネット上から始まる出会いって顔も中身も見えないし、会うまでは結構不安です。

でも、美人局を見分けるコツや対策法を知っていれば、出会い系はそんなに怖くないのです。

むしろどの女の子が純粋に「出会い目的」でやっているのか、美人局の特徴を知っていると炙りだせます。

そんな女の子がひと目でわかるようになると、出会うまでのポイント消費も抑えられる上に、出会ってからの展開も早いんです。

僕も出会い系を8年やっていますが、美人局に遭ったことは初心者時代の2回だけです!

なんだよ!実際に2回あるじゃねーか!

と思われるかもしれませんが、実際に美人局のカモになっているからこそ、被害後の対応や見分け方も人一倍知っています。

さて、今回は、美人局の特徴や対策を解説していきます。

美人局ってなんなの?美人局自体が犯罪です。

美人局とは「つつもたせ」と読み、犯罪行為です。

男女が手を組み、お金を奪いとるパターンや、いいがかりをつけて恐喝してくるパターンなどあります。

出会い系をやっている多くの男性は、「やましい気持ち」でやっていることが多いので、被害にあっても泣き寝入りしてしまうことがあります。

援助交際目的で会ったなんて他の人に言えねーよ…

相手は未成年だって知ってたけどさ、そんなの周りに言ったら俺も捕まるじゃん…

こんな風に警察にも言えず、友達にも相談できず、自分一人で抱えてしまうケースが非常に多い。

美人局もこの「やましい気持ち」を突いて、男性を脅してきますが立派な犯罪です。

どんな犯罪に当たるかと言えば、無理やりお金を奪おうとする「恐喝罪」あるいは弱みに付け込んで脅そうとする「脅迫罪」に当たります。

加えて、詐欺罪や強要罪にも当たりますし、暴力も振るわれてしまったら、一気に暴行罪までついてしまいます。

そのため、「おいてめぇ金よこせよ!」なんて脅されても金を払う義務なんてないです。

でも、実際に多額のお金を渡して、その後もゆすられカモにされてしまう人も中にはいます。

出会い系であるよくある美人局の手口。実際の体験談も交えて紹介するよ!

上記でお話した男の弱みに付け込んで「お金を要求してくる」古風な美人局はまず見かけません。

実は出会い系には大きく3パターンの美人局がいます。

美人局の種類1.その場で脅すパターン。

脅迫してお金を奪おうとする、といった王道の美人局です。

美人局と聞けば、まず「脅迫」「恐喝」「強要」をする悪い人たちをイメージする人が多いのではないでしょうか。

しかし、出会い系にこの「弱みをゆすってお金を奪おうする美人局」は少ないです。

美人局側の立場を考えると、出会い系にいる男性を脅してもコスパがめちゃくちゃ悪いからです。

具体的な理由は後述します。

美人局の種類2.ネットワークビジネスに誘われるパターン

最近多いのがこのパターン。

私が良く行っているカフェがあるんだけどそこに行かない?」と誘われ、お店に行くと、なにやら怪しげの書類を取り出してきて…。

それで、「この会員になると毎月お金が入ってくるし、好きなものも何でも買えるよ!」と怪しげな会員になることをやたら薦めてきます。

これが彼女たちの手口です。出会い系だと、「Amway女子」と呼ばれていますね。

その場で断ればなんてことはないですが、「女の子と出会える!」とウキウキで行ったのに、こんな話を突然されてテンション下がりまくり。

この話をされた時点で、まずホテルへ連れ込むことはおろか、彼女にもできません。

男性側の立場としては、出会い系で消費したポイントと時間が勿体ないです。

「俺のポイントとワクワク感を返してくれよ!」って感じますね~。

実際に僕も美人局にあったのが、このパターンでした。

この女の子たちは、可愛い子やスタイル良い子が多いので、出会う前もかなりドキドキするんですよね。

「よっしゃ~久々に可愛い子を抱けるかもしれん!」と期待してしまうのですが、実際は抱けることもなくしょんぼり帰宅するしかないです。

出会い系にもいますが、街コンや婚活パーティにもよく出現します。

そして多くの女の子は、「私楽な仕事をやっててさ~興味ない?」と声をかけてくるので、ばっさり断りましょう。

美人局の種類3.お店に連れていかれてぼったくられるパターン

都心部に多いのがこのパターン。

新宿や池袋といった繁華街で待ち合わせすると、「私よく行くバーがあるんだけど、一緒に行かない?」なんて誘われます。

実際に行ってみると、やたらメニュー料金が高い上に、1時間20000円の飲み放題という謎料金のコースを強要されます。

僕が出会い系を始めた頃、初めて出会ったのがこのパターンでした。

もう7年前にもなりますが、今でも覚えてます。

出会い系サイトでやけに積極的な女の子がいたので、すぐに話しかけデートの約束。

「これは落とせたわ~」と思って、テンションマックスでしたね。LINEを交換できた瞬間が一番テンション上がります。

そして新宿で待ち合わせすると、「おいしい居酒屋があるんだけど行かない?」と誘われついていくと、古い雑居ビルの中へ…。

夜8時頃なのにお店の中もほとんど人がいない上に、カウンターと厨房に店員が1人。

そして、出入り口に男が1人いたんですけど、この時点で怪しい雰囲気が漂ってきます。

でも、ビビりだった僕は断ることもできず、1時間18000円の飲み放題コース、5000円のポテトフライと6000円のハニートースト、7000円のフルーツ盛り合わせ(バナナとリンゴだけ)を頼み、1時間で出ていきました。

さらに、お通し代 5000円、チャージ料 5000円も取られて、合計50000円近くも取られたことがあります。

警察に行けば良かったですが、女の子に「私今18歳なんだよね、でもお酒飲んでいい?」と言われ、一杯お酒を奢ったこともあり、怖くていけませんでした。

未成年にお酒を奢ったとなれば、当然捕まるのは僕でしょう。

でも、今思えば本当に未成年だったか確認しようがないし、どう考えても18歳じゃなかったです。

それに、お通し代とチャージ料金 計10000円は圧倒的におかしいです。

と、普通に考えれば、おかしな点や疑問点がたくさん思い浮かぶのですが、お店の怖い雰囲気に飲まれ、僕も泣き寝入りするしかなかったです。

こんな経験があったからこそ、美人局に二度と遭わない方法も考えることができたので勉強代として活かすことができました。

出会い系には美人局って多いの?

結論から言えば、出会い系には美人局はほとんどいません。

ただしゼロではなく僕が出会ったような、マルチ商法に誘ってくるようなamway女子や、ぼったくりバーに連れて行こうとする女はいます。

しかし、美人局の王道である「弱みに付け込んで恐喝する美人局」はほとんどいません。

というのも、弱みに握って恐喝しようにも、出会い系上では非常にコスパが悪いのです。

例えば、男性側がめちゃくちゃお金持ち。あるいは会社の経営者で社会的なステータスがある人だったら狙いがいがあります。

こんな男性を脅迫すれば、多額の金銭やコネクションが手に入りますからね。

本来、美人局やハニートラップとは、相手が社会的に地位がある人、会社の顧問・取締役に対して行う戦術なんです。

でも職業を誤魔化すことができる出会い系の男を脅迫しても、奪いとれる金額なんてたかが知れているんですよね。

それに警察に駆け込まれたら、その地域ではなおさら悪さができなくなります。捕まったら、「恐喝罪」「強要罪」「詐欺罪」などで問われるので、ハイリスク&ローリターンなんです。

そのため、古風な美人局はまずいません。

しかし、ネットワークビジネス目的や詐欺目的の居酒屋業者はいるので、その点にだけ注意しましょう。

ちなみに、出会い系には、ピュア掲示板とアダルト掲示板の2種類があります。

美人局が湧きやすいのは、圧倒的にアダルト掲示板です。

ピュア掲示板の方が、純粋に出会い目的に利用している女の子も多いですね。

アダルト色がなさそうなピュア掲示板ですが、案外セフレやワンナイトラブができる女の子が多いですよ。

>>参考:ピュア掲示板とアダルト掲示板ってどっちがセフレは作りやすいの?

出会い系にいる美人局の見分け方!こんな人は美人局の可能性あり!

出会い系にいる美人局の特徴をまとめると、以下のようになります。

・女子高生、女子中学生、
・援助交際目的。
・書き込みやプロフィールでエロアピールが強い。
・お金持ってるアピールが強い。
・待ち合わせの場所が指定できない。

基本的に出会い系サイトは18歳未満は登録できません。

そのため、女子高生や女子中学生は出会い系には登録できないはずなんですが、知名度の低い出会い系サイト・アプリにはなぜかJK、JCがいます。

女子高生や中学生とヤリたい!若い女の子とHしたい!と欲を持った男性も多く、美人局はJKやJCという言葉を餌にするんですよね。

そして、引っかかった男に対して、「私未成年だけどいいの?お金くれたら黙っててあげる」と嘘をついて脅迫してきます。

中に20歳ぐらいの女が、「実は私、未成年なんです(嘘)」と年齢を誤魔化しだましてくる女もいます。

大手出会い系サイトでは、まず年齢認証が徹底され、免許証や保険証から18歳未満は登録できないようになっています。

年齢認証がない出会い系ほど美人局の巣窟になっているので、安全に出会いたいなら大手出会い系を使いましょう。

また男性も女性も完全無料の出会い系サイトはマジで危険です。

無料が故に、サイト自体が架空請求業者と関わりがあることも多く、サクラ、業者、美人局が集うモンスターハウスになっていることが多いです。

美人局に遭わないための効果的な対策は「男がリードすること」

出会い系で美人局に遭わないためにはどうすればよいか。

ポイントをまとめると以下のようになります。

・個人情報をいわない
・Hなことはしない
・Hをする前にデートをする
・未成年とは約束をしない

こんなことが美人局対策として、巷のサイトやノウハウ本に載っています。

個人情報を秘密にしていれば、脅されるリスクも減りますし、Hをしなければゆすられる心配もありません。

Hをする前に一度デートをして、素人女かどうかを見分けるという方法もありますね。

ちなみに業者の多くは未成年(特に18歳未満)のふりをして男を釣ることが多いので、未成年の誘いに乗らなければトラブルになるリスクも抑えられます。

しかし、どれも対策としては不十分。

できれば、「出会う前」から美人局を見分けたいです。

出会い系上で美人局を見分けることができれば、ポイントや時間も節約することができます。

そんな美人局を見分けるコツがあり、僕も実際に心がけていることがあります。それは、

・デートの約束は男性側がリードする
・会うまで一度電話をする。
・出会うまでを時間をかける

の3点になります。詳しく解説していきます。

美人局に遭わない方法1.デートの約束は男性側がリードする

ぼったくりバーや不当な請求をする居酒屋に連れこもうとする女ほど、場所や時間にこだわります。

「待ち合わせは池袋の東口でいい?」
「19時までに会いたいけどダメかな?」
「よく行っているお店があるんだけどそこに行かない?」

と女性側がリードするんですよね。

こんな女性優位による約束は美人局の特徴です。

人によっては、掲示板に書き込みで「出会う場所は変えれないよ!」と明記している人もいます。

このように、場所や時間にこだわる女は非常に危険。

男性側から「待ち合わせは〇〇にしない?」「お店予約してあるからそこに行かない?」とぐいぐいリードしましょう。

男からリードできれば、美人局の被害の可能性はないと言っても過言ではないです。

僕も8年間出会い系を利用してきましたが、自分からリードした女が「業者」や「美人局」だったことは一度もありません。

それに「リードしてくれる男性が好きな女」や「優しい気遣いに惹かれる女性」が出会い系にはいます。

こういったタイプの女、めちゃくちゃ落としやすく、業者や美人局の可能性は低いです。

>>参考:出会い系にいるデブやブス女は口説きやすくセフレにもしやすい。

「デブやブスを狙うのはちょっと…」と思うかもしれませんが、美人局は容姿が整ってる「美人」や「可愛い子」だから通用するんです。

男性ライバルも少ないデブやブス女はわりと簡単にセフレにできてしまうので、セフレがどうしても欲しい人や、出会い系初心者こそオススメですね。

美人局に遭わない方法2.会うまで一度電話をする。

出会い系サイトやアプリ上から、LINEやカカオに繋げる人がほとんどです。

LINEのIDを交換した後、電話ができれば、美人局や業者の可能性はほぼゼロです。

というのも、詐欺業者やマルチ商法に誘う女の目的は、男の「金」です。

そんな女はできるだけメールやLINEだけのやりとりを好むんですよね。電話なんて面倒なことはまずしません。

それに女性を装った「男」の業者がメールのやりとりをしている場合もあります。

電話なんてしたら、一発でバレるんですよね。

ちなみに、相手が素人女だった場合、電話ができれば90%以上の確率で出会えます。

電話に応じてくれる女は業者の可能性も低く、さらに出会いやすい女でもあるんです。

純粋に電話が苦手…という人もいますが、電話ができる女はかなり狙い目ですよ。

美人局に遭わない方法3.出会うまでに時間をかける

居酒屋に連れ込もうとする美人局や、悪徳な業者ほど「即会い」を求めます。

「今日の夜会えないかな?」
「明日暇なんだけど良かったらご飯でも行かない?」
「突然用事がなくなっちゃってさ~、良かったら相手してくれませんか?」

と、メールのやりとりをしてから「即会い」を求めてきます。

女性の立場を考えたら、顔も性格も分からない男とすぐに会うのは怖いが普通です。

それに男性と比べて女性の方が、力も弱いし、事件に巻き込まれる可能性だってあります。

「警戒心」のある女の子が、ノーマルな女の子なんですよね。

そのため、「即会い」を求める女は、なんらかの事情があるということです。

出会い系には、援交で生計を立てるセミプロという女もいますが、多くはお金に困って即会いをしてくるんですよね。

さて、普通の素人の女であれば、「安全な男か判断する」ためにも、時間をかけます。

人にもよりますが、3~4日LINEでやりとりしてから会いたいという人が多いです。

中には、LINEを交換してから1週間くらい様子を見る女の子もいますが、LINEのIDを交換してから1週間もやりとりできれば、美人局の可能性はめちゃくちゃ低いです。

業者や美人局ほどだらだらとメール、LINEをするのは面倒だし、やはり積極的に出会う約束をしてきます

まめに返信をしれくれたり、趣味の話や世間話といった「どうでもいい話」ができれば、ノーマルな女の子とみて間違いないでしょう。

美人局に遭ったらどうすればいいの?お金って払うの?

美人局の被害にあったらまず警察に相談しましょう。

詐欺罪、脅迫罪、恐喝罪が成立する立派な犯罪なので、まず対応してくれることがほとんど。

また美人局を察した時にどうすれば良いか。各対応は以下になります。

デートでネットワークビジネスの話を持ちかけられた場合。

  • 断る。
  • 「ちょっとトイレに行ってくるね」と言って、そのまま立ち去る。
  • 実際に会員になってしまったら、「国民生活センター」に相談。

ぼったくりのお店に連れて行かれた場合。

  • 「他の友達も誘いたいから、電話して来ていい?」と言いそのまま立ち去る。
  • お店の外に行けない場合は、トイレに駆けこみ、警察に電話。
  • 警察に「無理やりぼったくりのお店に連れ込まれてしまい、店外にでれなくて…」と相談。GPSで住所を調べて教える。
  • 警察に電話していれば、ぼったくられても、「一度警察に相談したのですが…」と話がしやすい。
  • お店にいる間は、スマホのボイスレコーダーを回しておくと、後々便利。

女の子とホテルに入った後、脅してきた場合。

  • 行為前だったら、そのまま解散。例え未成年でもなにも罪には問われません。
  • 行為後だったら、相手の年齢、住所を確認。免許証の写メを撮っておくと、便利。
  • こちらの個人情報は漏らさないことが鉄則。

もしなにか出会い系にトラブルがあったら、「警察」の他にも「国民生活センター」に相談することも重要です。

国民生活センターとは、消費者庁が管轄している、国のサービスで、出会い系に関わる相談も毎年3000件以上受けています。

出会い系に関わる相談窓口としては、国が行っているプロであり、警察が対応してくれないトラブルにも相談に乗ってくれます。

>>関連:国民生活センター

例え被害に遭い、多額の金銭を要求されても、裁判で取り返せる事例も今までにありました。

出会い系被害に強い弁護士、法律事務所もあり、トラブルに巻き込まれてしまっても相談できる相手は多いのです。

>>参考:出会い系詐欺に強い弁護士事務所

美人局が少ない出会い系を使うことが最大の対策。

美人局の被害に遭わないためには、美人局や業者が少ない出会い系サイトを使うことが重要です。

サイトによっては、悪質なユーザーの取り締まりに力を入れている出会い系もあります。

実際に僕も利用しているオススメ出会い系サイト3選をご紹介します

オススメサイト1.ワクワクメール

2001年から運営をしている大手老舗の出会い系サイト。

美人局を含め、サクラや業者、悪質なユーザーの取り締まりを徹底している。

  • 登録者数 750万人越え、幅広いユーザー層がいる。
  • 悪質ユーザーの取り締まりの徹底ぷりがすごい、かなり早い。
  • 時々「即会い」を求める女からメールが来るけど、すぐに強制退会されられている。
  • 登録時に1200円分のポイント、毎月200円分のポイントがもらえ、無料ポイントだけで出会うことが可能。

オススメサイト2.ハッピーメール

出会い系業界で最も会員数が多い大手老舗サイト。

実は過去に、「援交目的のユーザーを放置している」といった理由で社長が逮捕されている。

そういった経緯もあり、悪質ユーザーの取り締まりには力を入れている。

  • 登録者数 1900万人越え、運営歴20年の最大手サイト。
  • 母体が大きい企業が運営しているため、資金源が豊富。
  • そのため運営が安定しており、美人局や悪質ユーザーが少ない。
  • 圧倒的な登録者数から、掲示板の書き込みがかなり多く出会いやすい。

オススメサイト3.PCMAX

定期的に女性雑誌などに広告を打っている大手出会い系サイト。

街角広告をよくしており、健全なユーザー管理には力を入れている。

  • 2002年より運営されている最大手サイトの1つ。
  • 24時間365日、有人によるサポート体制が整っている。
  • アクティブユーザーが非常に多く都心部なら楽に出会える。

出会い系で美人局の被害に遭うことは非常に少ない。

正直、美人局に遭うことってほとんどありません。

上記で紹介した 「ワクワクメール」「ハッピーメール」「PCMAX」であれば、美人局の取り締まりに力をいるので、そもそも悪質ユーザーの数が少ないです。

僕も8年間出会い系をやってきて、その間、100人以上の女の子を抱いてきました。

それでも、美人局に出会ったことは2回だけで、amway女子と、ぼったくり店への連れ込みだけです。

出会い系初心者時代の出来事で「誰が一般の女なのか」、見分ける力もなかったからだと思います。

今回紹介した、「男性がリードする」「出会う前に電話をする」「出会うまでに時間をかける」のテクニックを使えば、美人局に遭うこともほとんどありません。

加えて、>>参考:【完全攻略】素人女を判断する最大のコツはLINE交換後の連絡!【2019年版】で、出会い系にいる一般女の特徴も掴めば、出会い系サイト・アプリ上で無双できます。

まずは大手出会い系サイトを利用することが、美人局を避ける簡単なコツですね。

ぜひいろいろな女の子にアプローチし、ぐいぐい男性からリードしましょう。リードできる男性ほど、多くの女の子と美味しい思いができますよ。

-男性向けコラム

© 2020 出会い系アプリのしおり