出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

男性向けコラム

早漏の治すためにオナホールは使うな。薬やサプリを使わずにコントロールするには?

ども!ヒロキです!

突然ですが「セックス中にすぐにイッチャって、相手を全然満足できない…」と悩んだことはありませんか?

早漏に悩む男性は意外と多く、以前の僕もその1人でした。

エッチを楽しみにしていも、挿入して1分もしないうちにフィニッシュ。

優しい女の子だと「別にいいよ~」と気を使ってくれますが、その優しさがむしろつらいです。

早漏の治すためのhow to本を読み漁ったり、オナホを使ったトレーニングもしてみましたが、どれも効果はいまいち。

ぶっちゃけ、世にある早漏を治すためのテクニックはウソで溢れています。

しかし現在の僕は発射のタイミングを自在にコントロールしています。

相手の快感に合わせて射精することができるため、性生活もかなり充実しました。

早漏って治せるの?
手軽に早漏を治す方法ってないの?

と思っていませんか?大丈夫です。

実は早漏治すための効果的なトレーニングがあります。

世の中には早漏男性をターゲットに「感じなくなるクリーム」などがありますが、どれも無意味。

「イキそうになったら、天井のしわの数を数えろ!」なんて噂もありますが、根拠もない都市伝説です。

ただし、正しいトレーニングや早漏を改善させる方法を知らないようでは、噂話に流されるだけ。

いつまでも早漏に悩むだけですよ。

早漏を治すためには、知識をつけることと、実践を行うことが大切になります。

さて今回は、道具を使わずに、自分1人で行える早漏改善のテクニックについて解説していきます。

そもそも早漏ってどれくらいの?

そもそも早漏とはどれくらいなのか。

一般的に早漏と言えば、1~3分以内を指すことが多いです。

「みこすり半」という言葉があるように、数十秒でフィニッシュする人もいるでしょう。

専門的な話でいえば、早漏の具体的な「時間」は定義されていません。

ただし、東邦大学医学部泌尿器科学が行った研究では、

早漏とは、女性が希望する挿入から、射精までの時間(挿入希望時間)に達しない場合

(参考:参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/jpnjurol/96/2/96_KJ00004032260/_article/-char/ja/)

と定義づけています。

つまり女性が「最低でも5分は挿入したいよね~」と言えば、5分以下は早漏になります。

パートナーが「2~3分でもいいよ!」というのであれば、その言葉を信じるのも十分アリです。

しかし、数分の挿入でほとんどの女性が満足できるか?というとそんなことありません。

女性がエクスタシーを感じるためには、男性よりも時間がかかる、というのは有名な話です。

AVでは1~2分の愛撫で、女性が絶頂を感じてみえますがほとんどが演技。

そのため、パートナーが「2~3分でもいいよ!」と言っても、まずは一般的な挿入時間を目指しましょう。

目指すべき挿入時間とは?早漏を克服したいなら5分を目指せ。

平均的な挿入時間を知ることで、目指すべき目標がわかってきます。

たとえばオランダのユトレヒト大学が行った研究では、カップルの平均的な挿入時間は約5分20秒というデータがあります。

この研究は、オランダ、イギリス、アメリカといった各国から500組のカップルを対象にしています。

残念ながら日本は対象外ですがこの研究は、国も言葉も文化も違うカップルを対象しています。

恐らく日本でも同じような結果が出るでしょう。

また別のアンケート調査では、女性は14分の挿入時間が理想的、と答えるデータがあります。


(参考:女性にとって理想的な前戯は平均18.2分)

14分も挿入するの?長くね?
こんなにもたないよ…

と思われるかもしれませんが、割合としては、6~10分が36.5%と最も占めています。

つまり6分以上挿入時間を持続できれば、女性はまぁまぁ満足できる可能性が高いのです。

そこで、もしあなたが早漏を改善させたい!というのであれば、まずは「5~6分」の挿入時間を目標にしましょう。

カップルの平均的な挿入時間もおよそ5分です。

5分間持続することができれば、あなたの早漏も克服できたと言えるでしょう。

早漏の3つの原因とは?床オナが早漏を招く理由とは。

早漏の原因を簡単にまとめると

1.過敏性早漏(ペニスが敏感であることが原因)
2.包茎性早漏(包茎による皮が原因)
3.心因性早漏(緊張やストレス、メンタルが原因)

以上のようになります。

最近では、男性の誤ったマスターベーションがきっかけで、早漏になる人が増えてます。

たとえば、床オナ。

床にペニスを擦りつけて、腰を上下に振るのはかなり気持ちいいですよね、僕も行っていました。

しかし床オナは、セックス以上のストレスをアソコに与えます。

床オナのような強い圧迫感はセックスにはありませんし、逆に遅漏になってしまうことも…。

床オナは、射精障害だけではなく、ペニスの形が変わってしまうという声さえあります。

ですから、床オナだけでは絶対に辞めましょう。

他にも、「いつも短時間で抜いてしまう」「変わった性癖のAVで抜いている」といった理由で、早漏になることがありますよ。

早漏を改善させたいならオナホールに頼るな。

早漏対策を調べてみると、

ゴム2重にする
目を閉じて、別のことを考える
天井の模様をじっと見つめる

といった方法がありますが、どれも効果は今ひとつ。

すぐに暴発してしまうこともあり、僕の体質には合いませんでした。

そこで、早漏対策としてオススメしたいのが「スタートストップトレーニング」というやり方です。

このトレーニングは、アメリカのデューク大学の先生が考えた方法です。いわば学者のお墨付きを貰っているのです。

効果がある上に、道具を必要としない方法なので、早漏に悩む方はぜひ試してみましょう。

やり方は簡単です。

マスターベーションをするときに、自分の快感を10点満点で観察します。

なにもしていない状態が0点、イってしまった時が10点なら、自分の快感は今どこにいるのか、ということを意識することが肝になります。

そして9点以上にならないように調節しながらオナニーをします。

いわば寸止めオナニーのようなイメージですね。

僕の場合、9点になると抑えきれず暴発してしまうことがありました。

そのため、7~8点になったら一度休むようにしていましたよ。

このトレーニングのポイントは2つです。

・AVを見ない。
・リラックスした状態で行う。

特にAVを見ないことはとても効果的です。

AVは強すぎる刺激のあまり、早漏や遅漏を招きやすいとも言われています。

スローセックス提唱者のアダム徳永も「早漏を克服したいなら、AVを見るな」とも発言しています。

ですから、本当に早漏を克服したいなら、xvideosやポルノハブは見ないで、想像だけで抜きましょう。

初めは大変ですが慣れてくると、アソコの持続時間も長引いてきますよ。

でも道具とか使ったほうがいいんじゃない?
オナホ使うと、早漏改善できるって聞いたよ?

という人もいますが、オナホはオススメできません。

オナホールの場合、刺激が強いものも多く、実際のセックスの快感とは違うからです。

「オナホはセックスよりも気持ちいい」という声すらあるほど。

オナホに慣れすぎてしまって、射精障害を引き起こすこともありますよ。

オナホに射精した後の片づけや、準備の手間もダルイので、正直オススメはしませんね。

どうしても薬を使うならリドカインを使え。

どうしても今すぐ早漏を直したい…!

という男性もいるでしょう。

早漏防止クリームや不感スプレーなどがありますが、中には大した効果もない薬、サプリもあります。

僕もいろいろ試しましたが、効果のないサプリなどに10万以上つぎ込んだと思います…。

さてニセモノが多い早漏改善グッズの中にも、唯一効果のある薬があると言われています。

それは「リドカイン」のクリームです。

元々リドカインは医療現場で使われる麻酔薬の一種です。

たとえば歯医者の治療で、麻酔薬を使われたことはありませんか?

抜歯をする時に、歯茎に注射を打ってしびれさせる…。そんな時にリドカインが使われていますよ。

早漏防止クリームによっては、リドカイン入りのものがあるので、「今すぐなんとかしたい!」という方はリドカインのクリームを使いましょう。

ちなみに僕もカリに塗って試したことがありますが、すこ~し鈍くなる程度です。

劇的に挿入時間が延びるわけでもないので、期待しすぎは禁物ですよ。

なによりクリームに頼りっぱなしになるので、いざという時に対応できません。

ぶっちゃけ薬で対策するよりも、上記でお話したトレーニング法、加えて「実践経験」を積み上げた方が早漏を解決できますよ。

女性に慣れて早漏を克服しろ!

オナニートレーニングや早漏防止の薬を使って、早漏対策するのも良いでしょう。

しかし、実践が改善しないと意味がありません。

いくらオナニーの持続時間が伸びても、セックスの持続時間が伸びなければ本末転倒。

早漏が改善できたとは言えませんよ。

そして早漏を改善するために最もオススメするのが、実践経験です。

僕も超がつくほど早漏でしたが、僕は相席屋やナンパ、風俗などいろいろな方法で実践経験を積みました。

時には1~2分でイってしまい気まずいムードにもなりましたが、女性の中には

「別に長く入れなくてもいいよーそれよりも抱き合っている方が好き」
「布団の中でイチャイチャしている方が好きかな」

という子とも巡り合えました。

早漏を改善させる目的とはいえ、セックスの価値観を変えてくれる女の子と出会えたのは、ラッキーでした。

そしてフェラが上手い子から、アソコの締まりが良い子まで、いろいろな子とお手合わせしてきましたが、次第に持続時間は伸びてきました。

上記でもお話しましたが、早漏には女性に対する緊張や、セックスに対する恐怖心からくる「心因性早漏」もあります。

僕の場合、いろいろ女性とセックスしていくうちに、「女性」や「セックス」そのものに慣れたことで、持続時間が伸びたのだと思います。

早漏は心の病気!という人もいるほど。

気持ちの持ち方や「慣れ」次第では、早漏は改善できますよ。

もし今早漏み悩んでいるなら、いろいろな女性と相手にしましょう。

持続時間が延びるだけではなく、男としてのオイシイ思いも経験できますよ。

出会い系を使って実践回数を増やせ。

でも風俗に行くお金の余裕なんてないよ…
ナンパする勇気なんてない…

という方もいるでしょう。

そこでオススメなのが「出会い系」です。

出会い系には、女性慣れしていない男でも、口説ける女性が登録しています。

そもそも「男と出会う」ためにやってきているので、デートの約束くらいなら簡単なことですよ。

実際にホテルに連れ込めるかどうか…というのは、慣れが必要です。

しかし貞操観念も低く、セックスへの抵抗感が低い女も数多く登録しています。

ですから、女性を口説き落とすテクニックなんて知らなくても、ぐいぐい誘ってみると、ラクにお持ち帰りできることがよくありますよ。

>>関連:ヤリマンの特徴と出会い方とは?100人切りした僕がセフレにしやすい女の攻略を解説する。

僕の場合、出会い系で5~6人の女を抱いてから、射精のコントロールがわかるようになりました。

たとえ出会った女とのエッチが、1~2分しかもたなくても気にする必要はありません。

一般生活で関わる心配はないし、きまずい雰囲気になっても別の女を探すだけ。

女はいくらでもいますし、お金も安上がり。

女性1人とアポを取るのに、1000円程度で済みます。経験を積む場所としては最適ですよ。

好きな時にイケて、女を中イキさせるまで挿入できる。

以前の僕では信じられない話ですが、「セックス」に慣れたことによって、オナニーのようにタイミングを調節できるようになりました。

早漏に悩んでいる方は、ぜひ女性経験を増やして「女」や「セックス」に慣れてみましょう。

女を中イキさせる喜びを、ぜひ味わいましょう。

-男性向けコラム

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.