出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

セックステクニック

短小デブでも女が中イキしやすい体位とは?早漏男が見につけるべきテクニックとは。

ども!100人切り経験のあるヒロキといいます!

いきなりですが「エッチ中に彼女を中イキさせたいんだけど、どうすればいいの?」と悩んだことはありませんか?

中イキというのは、挿入中にイカせること。

ペニスでGスポットやポルチオを刺激することで、女性にオーガズムを感じさせることができます。

しかしクリトリスを刺激させる外イキと比べると、刺激を与えるスポットも目で見ることはできません。

さらにイッたとしても、男の射精のように精子が出るわけではないので、イク・イかないの判断が難しいところ。

エッチの経験のない男性であれば余計に迷うことでしょう。

じゃあ中イキさせるコツとかないの?
どんな風に女を攻めればいいの?

と疑問に持っていませんか?

実は女性が感じやすく、中イキしやすい体位があります。

「中イキさせるにはペニスの大きさも大切」という人もいますが、短小でもイカせることは十分に可能です。

実際僕も勃起時に10cmほどしかありませんが、これまでにいろいろな女を感じさせることができました。

中には目の前で痙攣するOLもいれば、意識が遠のく大学生もいたほど…。

女性をイカせられると、セックスが充実することはもちろんのこと、相手から欲しがられます。

ワンナイトであれば継続的なパートナーになるチャンスが高くなります。自分に自信が持てますよ。

さて今回は、デブや短小でも中イキさせるコツや体位について解説していきます。

早漏でも女に絶頂を感じさせることは楽勝ですよ。

中イキさせるためにペニスの大きさは必要ではない。

まず一番初めにお伝えしたいのが、中イキさせるためにペニスの大きさは、重要ではない!ということ。

日本人男性の勃起時のペニスの大きさは、平均で13.5cmというデータがあります。

これはオナホメーカーのTENGAが統計を取ったものであり、実際、12~14cm内におさまる男性は多いです。

(参考::日本人の平均ペニスサイズが明らかに!)

そのため17cm~18cmになると巨根と言われますが、中イキさせるため17~18cmも必要ではありません。

というのも、膣の長さは7~9cmだからです。

そして女性が絶頂を感じやすいポルチオは子宮口の手前にあります。膣の入り口から7~9cmにポルチオがあるんですよ。

そしてGスポットは膣の入口から3~5cm奥で、おへそ側にあります。

つまり女性を中イキさせるためには、10cmもあれば十分!

ムスコに自信がない短小男でも、5cmもあればGスポットをピンポイントで刺激して、気持ちよくさせることは可能です。

にも関わらず、中イキさせるためには「ペニスの大きさが重要」とか「サプリを飲んでアソコを大きくしよう!」というサイトが多すぎ。

アソコの心配をする前に、テクニックを磨いたほうが一生ものの武器になりますよ。

それにゲームだってどんなに強い武器を手に入れても、プレーヤーが下手だと敵にやられてしまいますよね?

「宝の持ち腐れ」という言葉もあります。

中イキさせるためにペニスの大きさは重要ではありません。

それよりもテクニックの方が100倍重要です。

そして身に着けるべきスキルの1つとしてエッチ中の「体位」があるのです。

中イキしやすい体位とは?

女性がオーガズムを感じやす体位を具体的に紹介していきます。

オススメする体位は以下の4つです。

  1. だるま返し
  2. 松葉崩し
  3. しめ小股
  4. 屈曲位

それぞれ見ていきましょう。

体位1.だるま返し

だるま返しは、正常位の変形バージョンとも言われています。

一般的には、足を開いた正常位から足を閉じ、さらに膝を抱えこむようになった姿勢になります。

元々は女性側の足をロープで縛るそうですが、男側で足を閉じれば問題ありません。

まぁざっくりと言えば、

①正常で足を閉じる
②男の体を起こす。垂直になる。

これだけです。

だるま返しは短小男でも、より深く挿入できる体位です。

そして挿入角度も工夫しやすいため、30~60度上方を狙って、Gスポットを刺激することもラクチン。

しかし、だるま返し最大のメリットは「射精感をコントロールしやすい」ことです。

中イキさせるためにペニスの大きさは重要ではない、という話をしましたが、早漏は別。

男と比べて、女性は絶頂を感じるまでに時間がかかるため、ある程度の挿入時間は必要になるからです。

そのため3~5分で果ててしまうようでは、中イキさせることは一苦労。

女性によっては10~20分のピストン運動が求められることすらあります。

だるま返しは「男性が体を起こして垂直になる」がポイントになります。

というのも、「だいしゅきホールド」や「種付けプレス」のような男が覆いかぶさる正常位は、男を興奮状態にさせやすいのです。

↑だいしゅきホールドの例。

つまり交感神経が優位に働く状態…!

交感神経がマックスになってしまうとピストン運動の暴走、射精へと繋がるのです。

その点だるま返しは交感神経と副交感神経のバランスが均一になりやすく、過度な興奮を抑えられるんですよ。

アソコの暴走や暴発を避けやすくなり、耐久性もかなり上がります。

結果的に女の子が満足しやすくなり、中イキもしやすくなりますよ。

耐久性に自信がない男や、早漏気味の男は、まずだるま返しをメインにエッチをしましょう。

僕ワンナイトでエッチする時は、必ずだるま返しで1度はイカせてから、他の体位をするようにしています。

僕も早漏気味のほうですが、マジで持続時間は上がりますよ。

体位2.松葉崩し

続いて松葉崩しです。

一般的には女性の足を、男性側の肩に持ち上げて挿入することが多いです。

しかし、オススメは女性の足を閉じて行う変形パターン。

つまり女性は側臥位で、男性は正常位で行うような体位がベストです。

松葉崩しの体位そのものは、深く挿入できる体位になっています。

特に「男のほうがデブで腹が邪魔で深く入らない…」「女が太っていて浅い挿入しかできない…」という時にオススメです。

ふっくらしている女だと、お腹の脂肪や太もものせいで、膣の奥まで突くことができないことも珍しくありません…。

そんな時に松葉崩しは、ポルチオまでしっかり刺激させることができますよ。

加えて足を閉じることで、膣全体を圧迫させられます。

ピストン運動を加えた時に、Gスポットはもちろん膣の奥深くまで刺激を与えやすいのです。

それに男側の体制が垂直になりやすいのもポイント。

上記で紹介した「射精感をコントロールしやすい」体位になり、また腰を素早く動かせるような体位ではありません。

下半身の暴発を防ぎやすいので、長時間エッチを楽しみたい方にもオススメですね。

体位3.締め小股

締め小股は正常位の変形バージョンで、数ある体位の中でも最も膣が締められる体位です。

しかし締め小股自体は一見すると、地味で華のない体位になります…。

AVで見かけることも少ないため、実際にやっている人は少ないのではないでしょうか。

締め小股最大のメリットは、なんといっても「ダブル攻め」です。

ピストン運動で膣を刺激させつつ、同時にクリトリスにも刺激を与えられます。

というのも、男女の体が密着しやすく、男の下っ腹でクリを圧迫できるからです。

そのためポルチオが開発されていない女性でも、外イキ(クリイキ)に誘発されて中イキする子は少なくありません。

クリならイケるんだけど、中イキはちょっと…。

という子には、かなり破壊力のある体位ですよ。

さらに女性側も「内またに力が入りやすい」「足が伸びている」「安定した姿勢」といった理由で、イキやすい条件が整っています。

足ピンオナニーって聞いたことありませんか?

一人エッチに励む女性ほど、足を伸ばしてアソコをいじる子が多いのです。

そのため中イキやオーガズムを感じるためには、「足が伸びていないとダメ!」という女もいるほど。

締め小股では、女性が自然と足ピンできる体制となっているため、かなりイキやすい体ですよ。

注意点としては、クリに刺激を与えようと思って、恥骨や下っ腹でグリグリすると痛がられます。

ただでさえ女性にとって刺激のある体位なので、わざわざ刺激をさせようとしなくても十分中イキは可能です。

また膣が締め付けられるので、アソコが濡れていない子だと、同じく摩擦で痛がられます。

十分に愛撫して、タイミングを見てから締め小股にチャレンジしましょう。

体位4.屈曲位

征服感を感じたい…!
女を犯している感じが味わいたい…!

という方には屈曲位がオススメです。

屈曲位は正常位の変形パターンの1つで、AVでもよく見かける体位です。

女性は体を折り曲げるため、屈曲位と言われていますが、膣が上向きになるため挿入が深くなります。

そのためポークビッツ並の男性でもGスポットやポルチオを攻めることができるため、短小男はぜひ行うべき。

注意点としては、屈曲位で攻めていると、つい力を込めてピストン運動したくなります。

パンパンッ!と音を立ててピストンした方が、男としては興奮しますし、気持ち良いですが、女性からすると萎える人もいるようです…。

実際に僕がセフレにしていた女性からも「そんなに音立てても気持ちよくない…それに力強く挿れられても痛いだけ」と言われたことがありました。

AVの世界ではガシガシと力を込めてピストンすることをよく見かけますが、リアルでそれをやったら引かれることもある、ということを覚えておきましょう。

じゃあどんな風にピストン運動すればいいの?

と聞かれますが、オススメは膣の奥をグリグリと攻める方法です。

お互いの恥骨を密着させるようにぐいぐいと攻めると、ピストンすることもなくラクに中イキさせることができます。

パンパンと音を出してハメるセックスは、相手をイカせてから楽しみましょう。

ロールスロイスって中イキできないの?

これまでに中イキしやすい体位について、ご紹介してきました。

ロールスロイスってどうなの?
女性をイカせやすい体位って聞くけど、ダメなの?

と聞かれますが、個人的にはオススメしません!

ロールスロイスというのは、AV男優のしみけんが考えた体位で、バックの変形パターンです。

この体位の売りは、Gスポットとポルチオを同時に刺激することができ、空いている手でクリもいじれる。

さらに女性を支えている方の手で、おっぱいや乳首もいじれる、という同時攻め満載の体位になります。

そんなにいろんなところ攻めれるなら、いいんじゃない?

と思いますが、むしろ逆です。

この体位の大きなデメリットは、男も女も立ち膝なところ。

アンバランスな体制でエッチすることです。

一応女性の体を引き寄せつつ体重を釣り合わせ、バランスを保つことができますが、不安定なことに変わりはありません。

元々女性がイク時の条件に「安定した姿勢」「安心感のある場所」というが必須で、中イキ未経験の女性にとっては、ロールスロイスは不向きです。

さらにロールスロイスは、アンバランスな姿勢な分、男側のテクニックがめちゃくちゃ求められます。

クリに、乳首に、Gスポットの同時攻め?

エッチ慣れしていない男はまず無理ですよ。

ですから経験人数も少ない、中イキさせたこともないというのであれば、ロールスロイスの中イキは期待しない方がベターです。

上記でもお話しましたが、中イキさせるために必要なことはテクニックです。

ロールスロイス含めて、エッチの経験さは絶対的な武器になります。

体位より大切なのは「流れ」や「スキル」

いくら中イキさせる体位を知ったところで、経験がなければ当然イカせることができません。

いくら机の上でサッカーのことを勉強しても、サッカーは上手になりませんよね?

それと同じです。

エッチを上達させること、女性を感じさせるためには、実戦経験が必要になります。

特に「流れ」はめちゃくちゃ重要です。

たとえばエッチな下手が男に限って、体位変換がめちゃくちゃになりがち。

正常位したら、バックやって、その後に騎乗位…フィニッシュはまた正常位、みたいに体位が行ったり来たり、大きく変わるんですよ。

エッチの流れが一回一回ストップしてしまうと、その度に女性もクールダウンします。

中イキしやすい体位を知るよりも、スムーズに体位変換していくことのほうが大切ですよ。

正常位⇒だるま落とし⇒屈曲位⇒だるま落とし⇒松葉崩し…のように、女性のポジションが大きく変わらないように体位を変えていくことがコツです。

ただし、流れを掴んだり、実際に中イキさせる体位を身につけるためには、経験んが不可欠です。

そのため「女を中イキさせたい!」と思うのであれば、とにかく女性経験を増やすことがベスト。

ワンナイトやセフレでも構いません。

彼女や奥さんでもいいですが、いろいろな女性を相手にしたほうが、上達するスピードは速いです。

僕の場合、出会い系でワンナイトを重ねることで、経験を積みました。

出会い系はお金をかけずに即日ワンチャンも狙えるため、女慣れしていない人には特にオススメ。

一度セフレさえ作ってしまえば、タダマンも味わえるため、風俗でエッチを磨く必要もありませんよ。

結論:エッチの経験を増やしてテクニシャンを目指そう。

女を中イキさせるには、ペニスの大きさは重要ではありません。

体位を知ることも大切ですが、「経験」はなにより不可欠です。

女性によっては、Gスポットやポルチオの位置が変わりますし、エッチの最中にも移動します。

快感や気持ちよさによって、膣は大きく動きます。

Gスポットがいつも同じ位置とは限りませんよ。

そんな時でも、最短時間で女が感じるスポットを見つけ、中イキさせるには、「スキル」や「経験」がものを言います。

AV男優のしみけんも、著書 「BEST SEX」でこんなことを言ってます。

早漏を気にするよりは、テクニックを磨くの先

早漏を解決することはもちろんのこと、女にオーガズムを与えるためには、テクニックが全て。

女性にとっても、エッチが下手な男より、スキルを駆使して気持ちいい場所を刺激してくれる男とのセックスのほうが好きなのは当たり前です。

そのためには、いろいろな女性を相手にして、経験値を作りましょう。

男性によっては、風俗に行って経験を積もうとする人もいますが、風俗はファンタジーです。

たとえ風俗嬢が気持ちよくなくても、演技することが仕事の一部なので、大した経験が積めません。

オススメは素人の女を相手にすることですね。

出会い系であれば、夜遊びしたい女はもちろん、貞操観念がユルイ女も多いです。

そんな女に相手にすれば、ワンナイトくらい楽勝ですよ。

出会い系の中には、特に簡単にヤレる女もいるので、出会い系初心者であれば、まずはターゲットを絞ってアプローチしましょう。

出会った女を即日お持ち帰りできた時は最高ですよ。

ぜひセフレを作って、男の腕を磨きましょう。

-セックステクニック

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.