出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

男性向けコラム

メンヘラのバンギャをセフレにしたら中出し願望のある痴女だった!V系好きの大学生と出会った話。

2019年2月22日

どうも!ヒロキです!

ナンパをしているとよくこんな話を聞きます。

メンヘラの性欲はやべえ…
メンヘラはビッチが多くて、割と簡単に口説けるらしい…

こんな話を聞いたことがありませんか?

実際、メンヘラはめちゃくちゃヤリマンの子が多いです。

僕もクラブやバーでのナンパ、ストナンから合コンまでいろいろなナンパをやってきましたが、その中でも特に口説きやすいのメンヘラでした

メンヘラにもアニメや漫画が好きなサブカル女子もいれば、病みに病みまくってる大学生もいます。

さて、この間ネットナンパでメンヘラのバンギャ大学生をナンパしたのですが、その子が稀に見る変態で衝撃的でした。

バンギャとはバンドにはまる女の子のことです。

「バンギャはヤリマンとビッチの巣窟」という話は有名ですが、この話は本当だったようです。

今回は具体的にどんな風に口説いたのか、またどんな女の子だったのかをお話していきます。

ネットでバンギャをナンパしました。

僕がバンギャの女の子と出会ったきっかけはネットです。

ネットナンパは見ず知らずの相手も、自宅にいながらアプローチすることができるのでとてもラクです。

ネットでヤレそうな子を探していると、ある掲示板にこんな書き込みがありました。

「もう消えたい、メールしないでください」

メールをしないでください、と言われると逆にしてみたくなるものもの。

当たり障りなく「大丈夫ですか?お話聞きますよ~」とメールを送りやりとりを開始しました。

ネット上にネガティブ発言をする女はメンヘラ女の特徴ですが、普通の男は避けることが多いです。

というのもメンヘラに依存されると一晩中鬼電されたり、ストーカーになることもあるからです。

しかし、安心感を与えながらアプローチすれば割と簡単に落ちてくれやすく、カワイイ子も多いです。

簡単にヤレて、ヤリマンで、しかもカワイイ。

となれば、アプローチするしかないでしょう。

実際、メールを送って10分後に返事あり、その後5通ほどメールのやりとりをして、LINE交換しました。

実際に遭うことになりました。

LINE交換後、お互いの趣味、好きなものの話をしていると、この子は「マミ」という名前のバンギャだったことがわかりました。

大学3年のどこにでもいるような女の子ですが、高校生の頃、V系バンドのおっかけをしたようです。

僕もV系バンドのことは詳しくはないですが、唯一知っている「Janne Da Arc」の話を出したら意気投合。

LINE後した1週後にはデートまでこぎつけました。

池袋駅で待ち合わせをしていると、そこにはLINEでやりとりをしていた女の子が…。

「すいません、マミさんですか?」

「あ、LINEの!そうです、マミです!」

見た感じはどこにでもいる女子大生で身長は150cmくらいで割と小柄。

胸もまずまずたぶんDくらいで静かそうなカワイイ子でした

その後、居酒屋へ行くことに。

お店についた後は、実際にやれそうかどうかを探っていきます。

定番の攻め方としては、「過去にどんな恋愛をしてきたのか」ですね。

「マミさんの元カレってどんな人だったんですか?」
「いや彼氏は中学生の頃からいなくてほとんど出会いはないです」
「え?そうなの?じゃあほとんど男性経験ゼロなんだ~」
「そう言われると微妙ですね…。」

と言葉を濁します。怪しすぎます。

過去の恋愛遍歴、今の男状況を聞いて、まとめると、

・中学生の頃から彼氏はいない。
・でもそれなりに男経験はある。
・自称「人間不信」とのこと。
・リスカ痕あり。
・バンドにハマっていたのは大学2年まで。

といった具合になります。

恐らく「付き合ってもいない男とヤリまくっていた」という予想ができるのですが、今日お持ち帰りできるかどうかの根拠が欲しいです。

「僕今まで付き合ってきたが長身の人ばっかりでさ、本当は小柄な人が好きなんだよね」
「そうなんですか?」
「そうそう!マミさんくらいの体型がドストライクですよ」
「まじですか?それは嬉しいですね~☆ちょっとテンション上がります!」

この反応はイケそうです。テンション上がってきました。

バンドの話をしているうちに、「カラオケいかね?」となりその後カラオケにへ。

バンドの話しで盛り上がりカラオケへ。

カラオケに着いて3,4曲歌うとソファーで休憩。

なんとなく良い雰囲気になり手をつないでみると、その後お互いベタベタしだしてキスへ…。

ディープキスしながら首、胸、腰、太ももへ順に触ってみると、時々、「ん…あんっ…」と声が漏れるのがわかります。

乳首をいじりながら、アソコにも手を出してみると既にびしょ濡れ。

まだカラオケについて1時間も経ってないんだけどな…。

そのままキスしながらクリをいじっていると、次第にマミの腰が激しくなります。

「ん…イイ…んあん…気持ちイイ…」と感じているのが分かりました。

そのまま手マンを激していくと漏れる声が激しくなり、「イヤぁ…ン…イクッ…!」と声を出して全身に力が入り、徐々に脱力してソファーに寝転がります。

ちょっと休憩した後、今度はマミが僕のペニスをいじってきます。

チャックを開いた後は、僕のペニスを触りながらそのままキス。

そして口で加えながら上下運動を加えていきます。

正直めちゃくちゃ気持ち良くて感動しました。

なんだこの舌使い…と思ってしまうような舌の動き。

搾りとられるような口の動きにフェラをされてから5分も経たずにイってしまいました。

その後ティッシュに吐き出すと、そのままお互いベタベタ触って…。

を繰り返して、カラオケのコース時間も迫り、退店することになりました。

「楽しかったね、まだ今度会ってくれませんか?」

と言われ、その日はそこで解散することになりました。

そこでホテルへ誘っても良かったですが、マミは次の学校の試験があり忙しいとのこと。

2週間後にマミから連絡があり、居酒屋に行った後は普通にホテルに行きました。

それはもう貪るようなセックスで、獣のようなセックスでした。

バンギャをセフレしたら中出しと首絞めをお願いされる。

その後、マミとは定期的に会うようになりました。

ペースは月に1~2回、マミから「明日会えない?」と連絡が来て、飯の後にホテルorマミの家というパターンがいつもの流れでした。

ただ、3回目のセックスの時、マミからこんな一言が。

「ゴムされるの好きじゃないんだ…」

と言われ、ノースキンを求められます。

そしてセックス中に「首…絞めて…お願い…」と首絞めまでお願いされます。

マミはドMの変態で、失神するくらい首締められるのが好きな女の子でした。

ドMと言っても、フェラしたり、男をいじるのは好きみたいで、毎回フェラも丁寧にしてくれました。

かなりセックスに積極的で「どこでそんなの覚えたんだよ…」っていうくらいエロイことをしてきますね。

ジュボボボッッとめちゃくちゃ音を立ててフェラしたり、尻の穴にベロを入れてきたりと、とにかくクソエロかったです。

ちなみに写真も撮りました。

↑カメラを向けるととノリノリで見せてきます。

↑「元々毛が薄い方なの…」と言って、天然のパイパンらしいです。

仲良くなって昔の話を聞いてみると、高校生の頃かなりV系バンドのおっかけをしていたようです。

そしてバンドのギタリストにかなりお金を貢ぎ、もちろん体も渡していました、JKなのにね。

ただ高校生と言っても貢げるお金なんてたかが知れています。

それでマミはJKから援交をして体で稼ぎ、そのお金をギタリストに貢いでいたのこと。

「こんな話をされたら引くよねごめんね、でも一緒にいて欲しい」

と泣きながら黒歴史を告白されたんです。

メンヘラの過去話は重い話も多いですが、マミの話しは結構重かったです。

しかし、身の丈話、過去の秘密などを告白してくるメンヘラは非常に多いです。

そんな告白があれば、セフレ確定で後は好き放題できます。

マミは生理が重くて、元々ピルを飲んでいるとのことだったので、死ぬほど中出ししました。

もしマミが出産したら、僕の子供かもしれない、っていうくらい中出ししましたね 笑

ただ、10ヵ月くらい関係が続いた後「今日会えない?」と頻繁にLINEが来るようになり、面倒になってリリース。

LINEをブロックして、そのまま放流しました。

連絡が取れなくなると、ストーカーになったり、ネットで捜索活動をする子も多いです。

僕はマミの家に行くことがあっても、自分の家も、本名も教えなかったので困ったことにもなりませんでしたね。

バンギャのメンヘラ率は異常。そしてヤリマンが多い。

バンギャはヤリマンビッチしかいない、という話を聞いていましたが、まさにその通りでした。

マミは典型的なバンギャでメンヘラ、しかも高校性の頃からヤリまくってたド変態でした。

ただ、見た目は普通のカワイイらしい大学生なのがまたエロイです。

マミにいろいろ聞いてみると、V系好き、バンドのおっかけをしている女は基本的に貞操観念が崩壊しているとのことでした。

つまりセックスに対してめちゃくちゃハードルが低く、食べる、寝る、イク、が同じレベルなんですよね。

バンギャを口説き落としたのは初めてでしたが、意外とバンギャを狙う男性ライバルも少ないので狙い目です。

V系好き!バンド好き!をアピールしているバンギャもいますが、なにも知らない男からすると、

「話についていけなさそう…」
「俺そんなバンドとか詳しくないしな~」

と思いますからね。

ただ、狙う男は少ないのです。釣りに例えるなら、釣りの仕方も知っていて、エサも全部用意しているのに、海が怖くて釣りができないようなもの。

周りの男はそんなビビり野郎ばかりなので、V系好きやバンギャを見かけたら迷わずアプローチするべきです。

メンヘラを攻略するコツは、共通の話題をすること。

今回、僕がマミを攻略している時に一番意識したことは、「共通の話題」をすることです。

メンヘラは一度信頼感さえ勝ち取ってしまえば、後は自然にラブホまで持っていけることが多いです。

とはいえ、その信頼感を得るのに苦労する時があります。

マミの場合、元バンギャでV系バンドが好きだったので、音楽の話をとにかくしました。

僕自身、そこまでV系に詳しくはないですが、人生で得たV系の知識をフル動員させました。

そのかいもあってか、出会って1~2時間でHまで持ち込める展開になりましたね。

ただメンヘラの子って「自分の話しを聞いてもらいたい!」と思ってる子が大多数です。

僕がV系の話し、別の話題に詰まっても、「ねーねーそれでね、この間こんなことあってね…」というように相手から話題を振ってもらえることがよくありました。

話の内容は別に聞いていなくても、「あなたの話しを聞いてるよ!」というアピールをすれば、満足する子も多いです。

相手の趣味や好きな話題に全くついていけなくても、ただ話さえ聞いていれば勝手に信頼してくれることも多いのです。

ぶっちゃけ話だけ聞くなら誰でもできるので、「メンヘラはラクに口説ける」というのはそのためですね。

メンヘラと最もラクに出会える方法は?

僕は今回、出会い系を使ってマミと出会いました。

メンヘラと出会いたいならネットナンパが一番効率が良いです。中でも出会い系は最強です。

というのも、リアルでも構ってもらえず、SNSやツイッターでも相手にされず、「誰かに構って欲しい」「話を聞いて欲しい」という寂しさをもったメンヘラが集まっているんですよね。

彼女たちの最も頼れる相棒はスマホであり、スマホ使ってなんとか話し相手、構ってもらえる相手を見つけようとして、出会い系に登録するのです。

出会い系と聞くと、

出会い系ってなんか怖くね?

実際はそんなに出会えないって聞くよ?

という人もいますが、実際はそんなことありません。

僕も出会い系を使用して8年間立ちますが、これまでに一度もトラブルになったことはありません。

よくある出会い系のトラブルや事件ってほとんどが「無名の」「聞いたこともないような」出会い系で起きるんですよね。

運営歴が20年くらいの大手優良出会い系サイトだとまずそんなトラブルはありません。

また無名の出会い系には悪徳な詐欺業者、ワンクリック詐欺師が集まってまず出会えません。

大手出会い系だと資金力も豊富のため、サクラや業者の取り締まりにも力を入れています。

女の子が集まってくるのもほとんどが大手出会い系ですので、「出会い系の選び方」さえ間違わなければラクに出会えますよ。

出会い系でコツをつかむと月2~3人ペースでセフレができる。

今回僕はマミと連絡を取り合ってから、2週間の間でセフレにすることができました。

これは、メンヘラがセフレにしやすい、という点もありますが、僕がある程度出会い系にも慣れ、メンヘラの口説き方を知っていたからです。

性格や外見は違えどメンヘラであれば、ある程度同じ口説き方で落とせます。

実はどんな女の子にも口説き方、落とし方があるんですよね。

出会いのない大学生、女社会で苦しむ看護師、セックスレスで不満がたまる人妻…。

こんな女性たちでも、出会い系でデートの約束さえこぎつければ、ほぼ100%セフレまで持っていけます。

僕自身、22歳まで彼女いない歴=年齢=童貞のブサメンでした。

ただ一度セフレができて出会い系に慣れてしまえば、経験値が積み重なり、どんな女の子でも攻略できるようになるんですよね。

出会い系初心者でも3人とデートすれば、その内の1人をゲットできます。

それくらいセフレを作るのは難しくないですし、1回コツをつかんでしまえば面白いようにセフレを量産できますよ。

いや~でも実際出会い系ってなんか難しそうだし…
知らない人と会うなんて怖いな…

そう思う方はそのままでいてください。

出会い系で女に話かける勇気もなく、即日お持ち帰りもできないような男は、つまらない人生を歩むだけですよ。

無料で見れるテキトーなAVを見て、そのへんのやっすーい風俗に行って、どこにでもいる女を彼女にする。

そんな平凡な生活をするだけです。

しかし、「本気でセフレが欲しい!」「メンヘラでもいいからとにかくヤリたい!」というのであれば、出会い系は最適です。

出会い系には、男の夢、男のロマンを叶える魅力が詰まっており、セフレの1人や2人簡単に作れるツールだからです。

風俗なら安くて5000円くらいかかりますが、出会い系に5000円も投資をすれば、タダマンできるセフレが5人、6人普通にできます。

風俗より安上がり、なのに長期的にタダマンできる。

これってかなりすごいですよ。

ただそのセフレをゲットできるかどうか、男の夢を叶えられるかどうかは、あなた次第です。

本当にセフレが欲しいなら行動しましょう。

すこしの「チャレンジ」と「行動」が今の性生活を充実させ、セフレをゲットできる最大のコツですよ。

-男性向けコラム

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.