出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

JK攻略術

現役女子高生と出会いたいなら「ネット」を使え。援交なしでJKとエッチするコツと犯罪にならないための注意点。

ども!ヒロキです!

突然ですが「女子高生とイチャイチャしたいんだけど、どうやったら出会えるの?」と思ったことはありませんか?

JKモノや援交系のAVを見ていると、女子高生とイチャつきたい…!と思うのは当然です。

しかし、コンビニや居酒屋、その他レストランで働いていて、JKがバイトしていない限り、出会うきっかけを持つことはほとんどありません。

僕のような零細企業に務める会社員であれば、なおさらJKとの繋がりがないでしょう。

そしてJKと繋がる機会ができたとしても、ネックになるのが「法律」です。

女子高生に手を出したらまずいんじゃないの?
援交で捕まる人だっているし、犯罪はよくないよね…

と心配になる人もいるでしょう。

実は女子高生に手を出すことはグレーゾーンです。

法律で定められているルールもあります。

しかし、合法的に手を出す方法もあるのです。

実際僕もネットナンパを駆使して、18歳の現役女子高生を声をかけて口説いた経験があります。

声をかけてみるとわかるのですが、意外とJKを口説くのは簡単ですよ。

良くも悪くも純粋なJKほど、「年上」というだけで「大人っぽい」「経験豊富そう」という理由で惹かれてしまうことも。

そんなJKを口説くのは、はっきり言って楽勝ですよ。

でもそんな簡単に口説けるの?

と聞かれますが、10歳差、20歳差のカップルってよくいますよね。

予備校の先生や学校の先生に恋してしまうJKがいるように、「年上」というだけで大きなアドバンテージを持っているのです。

しかし、そのアドバンテージの使い方や出会い方を間違ってしまうと、いくら頑張ってもJKを口説き落とせません。

さて今回は現役女子高生と出会うコツや、仲良くなる上での注意点を解説します。

女子高生の持つ純粋さは異常。JKと出会うメリット。

まず女子高生と出会ってびっくりするのが、その純粋さです。

大学生や若いOLのように世間に染まっている感じがほとんどありません。

誰からも手垢のついていない純白さがあるのです。

さらにエッチな関係になると、その純粋さからガツガツ攻めてくるんですよね。

特に経験がない女子高生ほど「ラブホに行きたい!」「おもちゃを使ってみたい!」と貪欲に自分が体験したことがないことを求めてきますよ。

僕もある女子高生と出会った時に、バイブやローターはもちろんいろいろなプレイを仕込むことができました。

調教する楽しさを味わい、自分好みにすることが最大のメリットですよ。

そして実際に抱いてみると、風俗嬢とは違う感触があります。

まさに「ピチピチ」という言葉が似合いますよ。

画像

とはいえ、女子高生を見ても妄想だけで終わらす人も多いでしょう。

女子高生の水着やグラビアを見て「いいなー」と思って、自分でシコるだけ…。

「手を出したら犯罪」というリスクが頭によぎり、自信のない男ほど脳内で犯すことしかできません。

では、本当に女子高生に手を出したら犯罪なのでしょうか?

JKに手を出したらすぐ犯罪?答えは…。

実は「女子高生に手を出す=すぐに捕まる」というのは間違いです。

もし女子高生とエッチすることが犯罪であれば、そこらへんの男子高校生やカップルは犯罪者だらけです。

しかし、高校生が捕まらないのには理由があります。

反対に女子高生に手を出して捕まってしまう男もいます。

この差は一体なぜか。

これは2つの法律が関係しているため、犯罪になるケースとならないケースがあるのです。

押さえておきたい「淫行条例」と「児童買春法」とは?

女子高生を口説き落とす上で、知っておきたいのが2つの法律です。

それが①「淫行条例」と②「児童買春法」です。

①「淫行条例」とは、日本の各自治体が決めている条例です。

ざっくり言えば、18歳未満に手を出したらアウトという条例です。

そして条例違反をしてしまうと、2年以下の懲役or100万以下の罰金が科せられてしまいます。

続いて②「児童買春法」とは、18歳未満の女の子と、金銭などをやりとりしてエッチしたらアウトという法律です。

簡単に言えば、18歳未満と援助交際したら犯罪ですよ!という法律ですね。

この「金銭」というのは、お金だけではなく、ブランドバックや高価なジュエリー、ゲーム機なども当てはまります。

女子高生に手を出すうえで注意したいのが以上2つの法律です。

じゃあ、なんで男子高校生は捕まらないの?
彼女とエッチした男子高校生は、淫行条例じゃない?

と聞かれますが、犯罪になるケースの多くは、被害届けが出されるからです。

本人や親が被害届けを出すことで、警察も動き始めることがほとんどなんですよ。

特にお互いに合意があったとしても、親が被害届けを出して社会的な制裁を与える…というケースはよくあります。

事件となるケースも親バレが多いのです。

ただ、まれに被害届けがないけど、事件化するパターンがありますね。

たとえば芸能人の小出恵介は17歳のJKに手を出して騒ぎになりました。

しかし、この事件の場合、JKは被害届は出していません。週間文春やメディアが見つけて、騒ぎにしたことがきっかけです。

小出恵介の場合、淫行だけでなくJKに飲酒をさせていたこともあり、任意の事情聴取となりました。

ちなみに13歳未満のJS、JCに手を出したらは問答無用で、強姦罪が適用されます。

つまり女子小学生とエッチしたらその瞬間に人生オワタ…という状態になるのです。

ですから、手を出す相手の年齢を確認することは非常に大切ですよ。

18歳のJKと出会って口説いても、罪にならない理由とは?

淫行条例も児童買春法も「18歳未満」ということがポイントです。

つまり高校3年生(18歳)なら問題ないということです。

日本の法律上では、18歳以上から大人扱いされることがほとんどです。18歳以上のやりとりは全て自己責任です。

AVのレンタルだって18歳以上からですよね?

「18歳」というのは、性犯罪に関する一つのターニングポイントとなる年齢なのです。

たとえば、出会い系サイトやマッチングサイトでも18歳未満は利用禁止をしています。

ただ18歳の女子高生であれば登録可能であり、「遊び友達募集~」「誰かごに誘って~」と募集する18歳のJKがいるほどです。

そして出会い系には援交を募集するJKもいます。

画像

画像

つまり18歳のJKを狙うことで、リスクなく関係を持てます。

たまに母親や姉の保険証などを使って、出会い系で夜遊びする高校1~2年生のJKもいますが…。

ただ、出会い系の運営側も17歳以下のユーザーには敏感です。

というのも「出会い系サイト規制法」という法律があるからです。簡単に言えば、18歳未満のユーザーは利用させない、という法律ですね。

年齢を誤魔化して17歳以下のJKばかり登録してしまうと、出会い系サイトも警察に目を付けられてしまいます。

大手出会い系サイトであれば、年齢チェックは徹底しています。

ですから、安心してJK(高校3年の18歳)を探すことが可能ですよ。

現役女子高生と出会いたいなら「ネット」が最も効率的。

正直女子高生と出会いたいなら、ナンパでも十分可能です。

東京であれば新宿、渋谷にいるJKに声をかけるナンパ師もいます。大阪だと天王寺や難波がナンパスポットとして有名ですね。

とはいえ、ナンパは非常に敷居が高いです。

イケメンやトーク力のあるナンパ師ならまだしも、僕ら一般ピーポーがJKに声をかける勇気なんてありません。

そこでオススメなのが、出会い系サイトによる「ネットナンパ」です。

実は出会い系サイトには、18歳のJKが数多く登録しています。

なんで出会い系になんで18歳のJKがいるの?

と思うかもしれませんが、理由はさまざまですよ。

援交目的の人もいますが、中には「大人の経験をしてみたい」「背伸びしてみたい」という人が結構多いです。

たとえば、高校1年生のJKがバイト先の店長と付き合ったり、大学生と付き合うJKはよくいます。

精神年齢が低いJKほど、大人の男性と付き合うことで「私は他のJKと違うんだよ」「こんなに大人なんだよ」と背伸びしたがるんですよ。

ひと昔前で言えば、ヤンキーに憧れるJKと同じです。

タバコを吸いお酒にハマってグレることで「背伸びしたがるJK」を見たことがありませんか?

今でもタバコやお酒に手を出すJKはいます。

とにかく「大人の体験」をしたがるのが、女子高生であり、そんな子が出会い系に集まってくるのです。

ですから、大人の体験をさせてあげれば口説き落とすのも簡単ですよ。

たとえば車持ちの男性であれば、迷わずドライブデートに誘うべきです。

ドライブデートはかなりラクに落とせますよ。

車がない男性でも、キレイな夜景やちょっと値段のはるレストランに誘えばラクに口説けますよ。

普段ファミレスやマクドナルドにしか馴染みがないJKほど、大人の世界には弱いです。

初回のデートで大人の余裕させ見せてしまえば、後はこちらのターンですよ。

SNSでタダで出会おうとする男ほど出会えない。

でも出会い系サイトよりSNSの方が出会えるって聞くよ?
ツイッターでJKに声かけた方がラクって聞いたことがある…

という人もいます。

ぶっちゃけ、SNSやツイッターでJKを口説き落とすのはかなり難しいです。

出会い系を主戦場している僕からすれば、SNSは焼け野原状態。

まず鍵付のJKが多いです。

そもそも出会いを望んでいるJKは少ないです。

それにも関わらず「タダでJKと出会いたい!」「お金をかけずにラクして出会いたい!」という男は大勢います。

つまり無料で利用できるためにライバルが多すぎるんですよ。

画像

たとえば、このJKをターゲットにする場合、フォロワーである600人以上がライバルなんですよ。

それに女子高生を装った業者すらいます。

画像

こういったように、素人感を出す業者は多いです。

DMを送ったら「こっちで話さない?→URL」というようにワンクリ詐欺へ繋げる悪質業者は結構いますよ。

ですから超イケメンやお金持ちでもない限り、SNSで会おうとするのはかなり無謀です。

「どうしてもお金をかけずに出会いたい!」
「ライバルいても、自分にチャンスがあるかも…」

と楽観的に考えているのであれば、どうぞ業者のカモにあってください。

ただし「短時間でLINE交換したい!」「JKと出会うのに1000円くらいの課金ならしてもいい」と考えるなら、出会い系は最適ですよ。

具体的にどうやってJKを探すの?

効率よく出会い系探すには、出会い系選びが重要です。

できるだけ大手出会い系サイトを選ぶことがコツですが、広告に力をかけているような出会い系だと探しやすいです。

たとえば、大手老舗サイトの「PCMAX」は女性雑誌にもよく広告を載せています。

そのため「雑誌を見てサイトにやってきた」という人は少なくありませんよ。

そして会員数は正義です。会員数が少ないようなサイトはまず出会えません。

登録者数が1000万人を超えるような大手出会い系だとより短時間で出会えますよ。

具体的に出会い系でJKを探すには、プロフィール検索が便利です。

たとえば、プロフィール検索で「高校生」と検索するとこんな子が出てきました。

画像

自分で「JK」と名乗る女の子は少なく、「高校生」や「18歳」といったワードで検索するとヒットしやすいですよ。

そして後は、メールを送ってやりとりすればOK。

スキマ時間にスマホをポチポチして、3~5通目でLINE交換すれば、ラクにデートの約束までできますよ。

「出会い系」は大変でお金がかかる、というのは嘘。

「出会い系」で出会うためにかかる金額は、微々たるものです。

大手優良の出会い系サイトであれば確かにポイント費用がかかります。

といっても、その金額は1000~3000円程度。

出会い系初心者でも3000円も課金すれば、18歳のJKと出会うことは十分可能ですよ。

飲み会1回分でJKと出会えるなら安いものだと思いませんか?

いや3000円も払えねーよ…
お金払って結局出会えなかったどうするの?

という人もいます。

そんな人は、出会い系に登録しないでください。

というのも、少額の課金すらためらう男性が大勢います。

その「ためらい」が参入障壁となっているため、出会い系サイトにはライバルが少ないんですよ。

ただ、一度出会い系を使って女の子と出会えてしまえば、2人目、3人目と出会うのも簡単です。

出会い系に慣れるとデートの誘い方から、ホテルへのお持ち帰りまでコツがわかってしまうため、2人目以降はより少額の課金で出会えてしまうのです。

いきなりJKを狙うのも良いですが、出会い系初心者であれば、まず口説きやすい女を狙うことをオススメします。

出会い系の中には、口説き慣れていない男でも落とせるヤリマン女がいます。

僕も18歳の女子高生をターゲットにしつつ、幼児体型の大学生から、口説きやすい看護師を狙うことがあります。

そして口説き落とすコツさえつかんでしまえば、他の女をホテルに誘い込むことも楽勝ですよ。

一度体の関係になってしまえば、かかる金額はホテル代や飯代くらいです。

ですから、JKと出会う機会がない男性ほど「出会い系」はオススメです。

しかし、1000円~3000円も課金する覚悟がない人は登録しないでくださいね。

正直、ライバルが多すぎても、自分の首を絞めることになりますので…。

-JK攻略術

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.