出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

女を口説くトーク術

彼女の経験人数が多いなら別れることも考えよう。処女と経験を積んで防御策を張れ

こんにちは、社会人2年目になるテツヤといいます。

いきなりですが「彼女の経験人数が多すぎてつらい…」と悩んだことはありませんか?

僕は大学4年なるまで彼女はできたことがありませんでした。

しかし友達の紹介をキッカケに、22歳で初めて彼女をゲット。

当時の彼女は優しくて、趣味も被っていたため話すだけで楽しいものでした。

なにより顔面偏差値は60越え、僕にはもったいないほどです。

とはいえ、あることをキッカケに気持ちが大きく変わりました。

それが「私、結構前に遊んでいたんだよね…。経験人数?んー両手じゃ数え切れないかも…」と言われたことです。

興味本位で彼女を過去を聞いたのが、地獄の始まり。

それからは、どうすることもできずに悶々と過ごしてばかりです。

男としては彼女の過去を受け入れるべき。

頭では分かっていますが、僕もそこまで大人ではありません。

さて、同じように悩む男性も少なくないでしょう。

俺の彼女、20人以上経験があるみたい…俺なんて1人だよ…

合コンで出会った彼女が、ヤリマンビッチたった…つらい…

と、どうすればよいかわからずに悩んでいませんか?

ぶっちゃけ、そんなことに悩むだけ時間のムダですよ。

なぜなら「彼女の過去」を受け入れるためには、相当な「労力」と「リスク」が必要になるからです。

さて今回は、彼女の恋愛遍歴に苦しむ男性にとって、気持ちをスッキリさせる方法について、お話していきます。

彼女の経験人数が多い時に、取るべき行動とは?

結論から言えば、彼女と別れることをオススメします。

彼女の過去に引いてしまった時には、選択肢は2つしかありません。

「結婚するか」か「別れるか」のどちらかです。

元々恋愛付き合いは、結婚しない場合は、100%別れることになります。

ほとんどのカップルは、遅かれ早かれ別れることがほとんど。

そして「結婚する」or「付き合い続ける」場合には、彼女の過去を受け入れることになります。

女経験が少ない男にとっては、コンプレックスを感じ続けますよ。

それにあまりに多い経験人数は考えものです。

恋愛指南書やネット上のアドバイスには、

「時間が経てば気にならなくなるよ」
「過去はどうにもできないんだし、考えもムダ!」
「今付き合っているのは「あなた」なんだから、気にしなくてOK!」

と書いてあるのをよく見かけます。

そんなことを分かっているわ…だけど気持ちがスッキリしないんだわ…

と思うことがほとんどでしょう。

また男経験が豊富だと、「過去の男たちと比べられる」こともあります。

「前のカレはエッチ中優しかったけど、今のカレはちょっと…」

なんて思われることはよくあること。

ガールズトークや女同士の飲み会では、彼氏とのエッチの愚痴は定番の話題ですよ。

なにより「彼氏以外と経験がある」「ワンナイトが多い」ということは、浮気されるリスクも高いですよ。

付き合っていく中で、他の男がちょっかい出してきたら、体を許してしまうことだってあるのです。

そのため男経験が、10人20人以上ある女と付き合い続けるのは、様々なリスクが伴うことを忘れてはいけません。

10人、20人がヤリ捨てた女と結婚できる?

僕の初彼女の男経験は、20人を越えていました。

逆に言えば、20人以上の多くの男がヤリ捨ててきた、ということなんですよ。

誰かの性欲のハケ口として利用され、時にはエロテクニックを教えこまれてきたのが、当時の僕の彼女です。

もしかすると過去の男に中出しされたり、顔射されまくっているかもしれません。

そんなことを確認するのは怖くて聞けませんでした。

しかし「男経験の豊富な女と、付き合い続ける」というのは、そんな相手の過去を受け入れる必要があります。

気持ちに余裕がない男でないと、付き合い続けるのはマジでしんどいですよ。

それにエッチの人数はアテになりません。

一般的に男は大きく見せたがり、人数を盛るものです。

反対に女性は「清楚感」や「純白さ」を保つために、経験人数を控えめ申告したがります。

男が思っている以上に、世の中の女性は経験豊富なのです。

たとえ「私あんまり人数多くないよ…」「3~4人としか経験ないかな…」と言っても、本当かどうかはわからないですよ。

ですから「女の経験人数」や「相手の過去」に振りまわされないことが大切。

自分をレベルアップすることで、彼女の恋愛遍歴なんて気にならなくなりますよ。

恋人の経験人数に気にしないためには、自分の経験を増やすしかない

彼女の過去が気になる男性は珍しくありません。

そんな男に限って、自分の経験人数が少ないものです。

自分の初体験が遅いことや、経験人数が1~2人程度なのに、彼女の経験人数は10人越え…。

そんな相手との差から劣等感や無力感を感じます。

今の彼女と別れて、新しい彼女ができても、自分の経験が足りなければ再び同じ虚無感を感じてしまいます。

そのため女を抱いて経験人数を増やすことは有効な対策ですよ。

たとえば抱いた女が1~2人の時よりも、7~8人と女を経験しているほうが気持ちにも余裕が持てます。

僕も22歳まで童貞で、初めて彼女と付き合った時には、過去の男に嫉妬してばかりでした。

男は「彼女の初めて」を奪いたがるものです。

しかしある程度エッチの人数が増えていくと、そこまで気にならなくなります。

というより過去の人数やエッチの価値観が、ガラっと変わるんですよね。

ですから経験人数が浅いor1~2人としか経験ない男は、まず女を知るべき。

ワンナイトでもいいです。

セフレでもいいので、まずはいろいろな女を知って、自分をレベルアップさせましょう。

でもどうやったら女と経験が持てるの?

と聞かれますが、出会い系はフィールドワークの場として最適ですよ。

出会い系を使って女を知ろう。

出会い系は、女経験を積むツールとして便利です。

たとえば出会い系には、エッチ好きのギャルから、男経験の浅い大学生などさまざま。

流行りのマッチングアプリだと「彼氏募集」や「恋愛目的」など恋活志向の女がメインになります。

しかし出会い系は、恋活よりも「遊び目的」がほとんどなのです。

気に入った子に声をかけて、デートのアポさえ取れれば、お持ち帰りできることも少なくありませんよ。

何より出会い系は、圧倒的に風俗よりも安く済みます。

デリヘルやソープ、風俗で女を知ることができても、1回2~3万は普通にかかります。

出会い系であれば、、500~1000円もあれば、ワンナイトを狙うことも十分可能です。

でも俺、女慣れしていないし…

駆け引きとか苦手…

と思われるかもしれませんが、気にする必要はないです。

出会い系の女とリアルの生活で関わることは、基本的にありません。

遊びに断られたとしても、別の女に切り替えるだけ。失敗はありませんよ。

出会い系にはデートさえできれば、即日エッチできるような子もいます。

出会い系初心者や、手っ取り早く女経験を磨きたいなら、ターゲット選びに力を入れましょう。

処女を抱いて価値観を変えろ。

彼女の過去や、経験人数にとらわれている男性にオススメしたいのが、処女とのエッチです。

処女を2~3人抱くだけでも、エッチの価値観がいっきに変わりますよ。

「処女厨」という言葉があるように、処女にこだる男は珍しくありません。

「処女を奪いたい…」
「女の初めてになりたい!」

と思うのは自然なことです。

それに処女を奪えた時の支配感というのは、普通のエッチよりも何倍も達成感があります。

童貞を卒業できた時の比になりませんよ。

しかし処女と相手にするのは、簡単なことではありません。

普段の生活では、誰が処女なのか判断がつかない上に、20代以上ともなると、処女の割合が激減するからです。

ただし出会い系には、処女も少なからずいます。

というのも仕事や学校、生活の中で女性と関わりが少ない男がいるように、異性との出会いがない女もいます。

そして20代越えてもなお、経験がないということに、コンプレックスを持っている女もいるからです。

たとえば女子大出身のOLとかは、意外と処女だったりします。

そんな処女ほど「男より仕事のほうが大切だよ!」なんて言いつつ、こっそりスマホを使って男を探しているものですよ。

出会い系を使って、ぜひ処女探しにチャレンジしてみましょう。

>>関連:処女とエッチしたいなら出会い系を使え。処女の見つけ方から口説き方を解説する

-女を口説くトーク術

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.