出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

セックステクニック

エッチ中にロールスロイスを上手くやるコツとは?経験不足の男はイカせられない

どうも!女をイカせて100人切り、セックス大好きのヒロキです。

いきなりですが「ロールスロイスっていう体位は、ガチで女をイカられるらしい…!」という話を聞いたことはありませんか?

ロールスロイスというのは、AV男優しみけんが考案したエッチの体位。

バックの変形パターンの1つであり、しみけん含む多くのAV男優がこぞってオススメしています。

そのため「彼女や妻とのエッチのマンネリしているなら、ぜひやってみて!」とテレビやSNSでも話題に上がるほど有名になっています。

とはいえロールスロイスをしたからといって、女を気持ちよくできるとは限りません。

元々ロールスロイスは不安定な後背位です。

女性が安心して体を身をまかせるに不十分のため、ロールスロイス=必ずイク、とはあり得ないのです。

にも関わらず、「ロールスロイスは女を絶頂にできる」と信じてやまない男は大勢います。

たとえるなら「男の射精」と同じですよ。

「男って抜ければ気持ちいいんでしょ?」と言う女もいますが、そんなシンプルなものではありません。

そんなに気持ちよくない射精もあれば、腰が抜けるほどの快感を味わうこともあります。男ならわかりますよね。

そして「抜ければいい」と思って、テキトーにガシガシ手こきする女が多いこと…。

男も女も、浅い知識で満足させるほどエッチは簡単なのではないのです。

しかしロールスロイスのポイントさえ身につけてしまえば、女をイカせることも簡単。

コツさえマスターしてしまえば「後ろから突いて…お願い…」と頼まれることすらありますよ。

さて今回は、ロールスロイスで女を感じさせるコツをご紹介していきます。

ロールスロイスを上手くやるコツとは?

ロールスロイスで女をイカせる最大のコツは、「安定感を作ること」です。

というのもロールスロイス中は、男女ともに立ち膝になり、女性の腕をつかんで男の体に引き寄せることがほとんど…。

正常位や騎乗位と比べると、圧倒的にアンバランスな姿勢になりやすいのです。

そして女が感じためには、「安定した姿勢」や「安心できる場所」が必要になります。

たとえば女がイク時に両足を伸ばして「足ピン」になる女は珍しくありません。

「足ピンオナニー」という言葉があるように、無意識に足に力を入れる女は多いのです。

しかし足ピンになるためには、寝た姿勢や座った姿勢というように「体が安定している」必要があります。

ロールスロイスで足ピンさせることは難しいですが、「体の安定感」というのは女をイカせるために重要な要素ですよ。

コツとしては女の両手をつかむのではなく、肩や腰をつかむことで、姿勢が安定しやすいです。

特に腰や胸に手を回すことで、お互いの体の密着感が増します。

また自分の太ももや腰に、女を座らせるように引き落とすことで、安定感がアップしますよ。

女性の体重や重力を活かすこともできるので、子宮口付近の性感スポット「ポルチオ」にも刺激を与えやすくなります。

ピストン運動の早さやリズムも大切ですが、何より大切なのは「バランス」。

ロールスロイスで女をイカせるためには、ぎこちない安定感を作ることがなにより大切ですよ。

ロールスロイス=絶対にイカせるとは限らない

ロールスロイスは女をイカやすい体位の1つです。

とはいえ、ロールスロイスで女に絶頂感を与えるのは一苦労。

というのも女性の膣の構造が人それぞれ違うからです。

ロールスロイスはよく、Gスポットを効率よく刺激することができ、膣の奥深くまで挿入できると言われています。

Gスポットは膣の入り口から3~5cm進んだところのおへそ側にありますが、あくまでこれは一般論。

ロールスロイスで必ずGスポットやポルチオを刺激できるとは限りません。

たとえば男だって、勃起した時のペニスのサイズは違いますよね?

18cmを超える巨根の持ち主もいれば、10cm以下のウィンナーサイズの男だっています。

さらに長さだけではなく、太さや硬さも個人差が大きいところ。

人によっては、右曲がり、左曲がり、シャチホコのようにそびえるペニスだってあります。

そして女性もGスポットの位置や広さはもちろん、気持ちよさを感じる部位が違います。

僕が過去に出会った女の中には、Gスポットが右側に逸れている女もいました。

膣自体、ゴムのように伸び縮みしやすい性質があるため、興奮の度合いによって、Gスポットの位置が変わるもよくあります。

そのためロールスロイスで女を感じさせるためには、「女の反応をみながらアレンジすること」が不可欠です。

エッチ下手な男のロールスロイスは苦痛しかない。

ロールスロイスは「奥深くに挿入できる」体位な分、痛がる女性も多いです。

しかし女性の痛みや、気持ち良くないサインに気づけない男は、やみくもに突いてばかり。

ゲームでたとえるなら、ポケモンを捕まえるためにモンスターボールを投げまくっているのと同じです。

効率よくポケモンをゲットするには、相手を弱らせたり、強いモンスターボールを使うなど工夫が必要なのです。

ですから女の反応を見て、ピストン運動の強さや角度にアレンジを加えることは重要ですよ。

たとえば女性の喘ぎ声に注目してください。

女性は快感を感じると、喘ぎ声が「あ→お」に変化しやすいです。

「あいうえおの法則」とも言われていますが、「あんあんあんッ」と喘いでる女に限って、実はそこまで快感を感じていない女がほとんど。

快感を感じて絶頂間近に女だと「うぅぅんんん…」「えっえっえッ…」と感じる声が変わります。

そんなサインを参考にしながら、ピストン運動に変化をつけたり、挿入角度を15度上向きにするなど工夫が必要なのです。

そして「ロールスロイス=女は気持ちいいもの」を思い込んでいる男とのセックスは、女にとって苦痛しかありません。

口にはしないだけで、あなたのセックスの不満を持っているかもしれませんよ。

経験を積んでロールスロイスを上達させよう

ロールスロイス含めて、エッチを上達させるためには「経験地」が不可欠です。

いろいろな女を抱いて、それぞれの反応を観察したり、感じるポイントの違いを知ることで、上達するスピードが早くなります。

風俗のピンサロだって同じですよ。

業界初体験の新人よりも、指名の多い人気嬢のほうが上手ですよね?

たくさんの男を相手にしている分、攻めるべき場所やテクニックを身につけているからです。

そのため女をイカせるには、1人だけではなく、何人かの女を知ることが大切ですよ。

手っ取り早い方法としては、セフレを作ることや、ワンナイトを経験することですね。

風俗でもエッチはできますが、風俗嬢としてはお金を稼ぐビジネス。演技は日常茶飯事なので、逆に「俺はエッチが上手いんだ」と錯覚してしまうこともあります。

何よりお金がかかるのでオススメしません。

セフレやワンナイトであれば、かかるお金はホテル代程度。

セフレを1~2人作るだけでも、エッチは上達しますし、十分女をイカせられるようになりますよ。

でもセフレなんて作ったことがないよ…

と聞かれますが、「出会い系サイト」を使えばラクにパートナーを作ることができます。

昔ながらの出会い系だと、夜遊び目的やリフレッシュ目的に登録する女は結構います。

流行りのマッチングアプリだと恋愛・恋活志向の女が多い分、遊びたいなら「出会い系」という形で、目的が別れていますね。

出会い系だとセフレやワンチャン1回するのに使うお金は、せいぜい500円ほど。

出会い系未経験の男性でも、1000円も課金すれば十分オイシイ思いができます。

男としての腕を磨きたいなら、ぜひ出会い系に挑戦しましょう。

>>関連:出会い系にいるヤリマンの特徴とは?100人切りした僕がセフレにしやすい女の攻略を解説する。

まとめ:女をイカせるには経験地が不可欠

ロールスロイスは確かに女をイカせやすい体位の1つです。

しかしロールスロイスに頼ってばかりでは、男としては平凡でつまらないです。

ソシャゲでたとえるなら、同じ武器、同じキャラを使い続けているようなもの。

女性からしても、だんだん飽きられることもありますし、ただ痛いだけだったら最悪ですよ。

時には別の体位や、引き出しを用意しておくことも必要になります。

>>関連:短小デブでも、女が中イキできる体位とは?エッチ下手が身につけるべきエロ体位を解説

そして女に絶頂を与え、セックスの虜にさせるためには、男のテクニックが不可欠。

AV男優のしみけんも「まずテクニックを磨くべき」と著書「BEST SEX」の中で述べています。

自分の腕さえ磨いてしまえば、そのスキルは一生ものの武器になります。

いざ女をお持ち帰りできた時に女を満足しやすく、一夜に終わらず、長期的なパートナーにもしやすいですよ。

ぜひ出会い系を使って、経験地を積んで、レベルアップしましょう。

女にエクスタシーを感じさせて「こんなエッチ初めて…」と言われた時は最高ですよ。

-セックステクニック

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.