出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

出会い系サイト攻略

LINE掲示板を使う男は出会えない。エロ写真を貰うことは危ない上にリスクだらけ

ども!女を抱いて100人切りのヒロキといいます。

いきなりですが、

「LINEのIDを交換して、女の子と出会えるらしい…!」
「LINEで知り合った女の子からエッチな画像をもらえるらしい…!」

こんな噂を聞いたことはありませんか?

男であれば、ラクして女と関わりたい、あわよくばスケベしたいと思うのが男心です。

そして「LINE掲示板」はそんな男のロマンを叶えてくれると噂されています。

「LINE掲示板」というのは、その名の通り、LINEのIDを交換してコミュニケーションが取れる掲示板です。

10代の若い子の間で流行っており、中には中学生や高校生もいるほど。

最近では同じ機能を持つアプリあるため、知っているのではないでしょうか。

しかしLINE掲示板は、個人的にオススメしません。

というのも、「うまい話には罠がある」ように、LINE掲示板にはいくつか地雷があるからです。

そんな地雷原やリスクも知らずに、女の子のIDを求めているようでは命知らずですよ。

たとえるなら装備品ゼロで戦争に行くようなもの。

気づいたら犯罪に片足を突っ込み、ある日突然警察が訪問してくる可能性も…。

安全に女の子と出会い、イチャイチャするためには戦略が欠かせませんよ。

さて今回は「LINE掲示板は出会えるの?」というテーマを中心に、無料でやりとりできるコミュニティアプリについて解説していきます。

LINE掲示板は出会えるの?出会えないの?

結論から言えば、LINE掲示板は出会えません。

と言っても、ID交換は可能で女の子とやりとりすることは可能です。

ID交換はできるの?

なんで出会えないの?

と思われますが、一番の理由は業者の存在です。

たとえば気になる女の子を見つけて、LINE送ってやりとりできたのに、相手からは「ねえ?こっちで話さない?⇒URL」と別のサイトに誘導されるパターンは実に多いこと…。

特にやっかいなのが「電話しない?電話番号教えてよ」と言われるパターンです。

女の子によっては「LINE電話だと音が乱れるし、直接電話しようよ~」と持ちかけられますが、電話番号の交換はリスク高すぎます。

実は「電話番号」さえ知ることができれば、他人のLINEを乗っ取ることができるからです。

そしてアカウントをパクって、別の相手にプリペイドカードの購入を要求する…、というLINE乗っ取り詐欺はよくある話。

女慣れしていない男子ほど、「電話しない?」という甘い言葉に弱いものです。

ガチで注意しましょう。

LINE掲示板の男女比は異常。ライバル多すぎます。

LINE掲示板やチャットアプリが出会えないのは、業者の存在だけではありません。

LINE掲示板の男女比ははっきり言って異常です。

男女比は9:1~9.5:0.5くらいで、リアルの女の子は1割ほど。

LINE乗っ取りグループや業者アカウントの罠をくぐり抜けつつ、阿鼻叫喚しながら数少ない女の子を探し続ける、というカオスっぷりです。

男が多いのはどこのアプリでも変わりません。

ただし大手出会い系やマッチングアプリだと、男女のバランスは6:4~7:3くらいに別れています。

はっきり言ってLINE掲示板の偏りは異常です

というのも「タダで」「年齢確認なしで」「10代の女の子を探せる」ために男だらけになっています。

男であれば、タダマンしたいと思うのは普通のことでしょう。

スーパーの特売日に主婦が集まるように、「タダ」や「無料」に釣られる男はかなり多いので、ラッキースケベを期待するのは、根気が必要になりますよ。

さらに法律的には「年齢確認なし」はアウトです。

「出会い系規制法」という法律により、出会いなどを目的としたアプリやサイトは、年齢確認(18歳以上)が義務づけられています。

LINE掲示板は完全な出会い系アプリではありません。

しかし男女の出会いを促していることは、間違いなく、トラブルもあるため年齢確認は必要でしょう。

そのため法律的には「LINE掲示板」は完全にNGなのです。

年齢確認がない分、その隙を見て業者が沸きやすい状況になもいます。

当然ライバルだらけ、業者だらけ、女の子もいない環境で、出会うことはムリゲーですよ。

そもそもLINE掲示板とはどんなもの?

LINE掲示板とは、「LINEのID交換を目的とした掲示板やアプリ」です。

一般的には「コミュニティアプリ」と言われることが多く、チャット機能があるアプリもあります。

規模の大きい掲示板だと「LINE掲示板」や「LINE FRIENDS BBS」などがあります。

↑LINE ID 掲示板


↑LINE FRIENDS BBS

アプリだと「LIME ID 掲示板」「かまちょ」「ひま部」「ぎゃるる」などがLINEのID交換の場として利用されています。

↑LIME ID 掲示板

しかしどのアプリも「年齢認証」がなく、法律的にはブラックに近いグレー。

そして実際に書き込みを見てみると、「苺で支援してくれる人~」と隠語を使って売春相手を募集しているものもあります。

さらにLINE掲示板は「非公式」のツールです。

「LINEを使ってなにかトラブルがあっても、自己責任だよ」というスタンスを取っています。

LINE非公認のサービスにご注意ください

平素よりLINEをお使いいただき誠にありがとうございます。

最近、LINEの"友だち募集"などを目的としたサービス(スマートフォンアプリ・ウェブサイト)が増えております。

これらのサービス(以下「非公認サービス」といいます)は全て弊社およびLINEとは一切関係ございません。また、利用者間でのトラブルに発展する恐れがあるため、弊社は、非公認サービスの利用を推奨いたしません。なお、利用者間でのトラブルに関しましては、弊社は一切の責任を負いかねます。

LINEは、身近な知人とのコミュニケーションを円滑に・楽しくするためのサービスです。面識のない異性との出会いや交際を目的とする利用方法は利用規約で禁止しております。非公認サービスの利用をきっかけとして、LINEで面識のない異性との出会いや交際を求めることも利用規約違反となりますのでご注意ください。

(参考:LINE非公認のサービスにご注意ください)

そのため何かトラブルが起きても、LINEは一切関与しない、というスタンスを取っています。

でもトラブルとか滅多におきないでしょ?

周りにバレなきゃ問題ないでしょ?

と思っていませんか?

LINE掲示板を甘く見すぎです。

実はLINE掲示板は以前から事件や犯罪も多発しており、逮捕者も出ているほど。

警察も目をつけているため、シャレにならなくなりますよ。

LINEでエッチな画像を送ってもらえる?それ捕まりますよ。

出会いを望んでいないけど、女の子の写真が欲しい…!

あわよくば女の子の裸が見たい…!

と思って、LINE掲示板を利用する男性も多いです。

男として気持ちは分からなくもないですが、おっぱいや裸を送ってもらうことは非常にリスキー。

実は女の子からエロ写真を送ってもらい、事件化することも珍しくありません。

実際に逮捕者も出ていますよ。

たとえば2015年には、大学生が中学生に裸画像を送ってもらい、逮捕された事件がありました。

もちろん2人の面識はなし。

チャットアプリを通して出会った経緯があります。

>>参照:LINEで女子中学生の裸画像送らせる 面識ない大学生逮捕

 

他に2018年には、小学生におっぱい画像を要求して、捕まった小学校教師もいるほど…。

スマホを持つ小学生も増えていますから、LINE掲示板などから関わりを持つことは簡単なことです。

>>参照:LINEで女児に裸の画像送らせた疑い 小学教諭を逮捕

事件によっては、実名報道されたケースもあるほど。

実名報道されたら、ガチで人生終了です。

自分の名前で検索すれば、一生そのニュースがネット上に残るため、社会的に死ぬのと同じですよ。

また児童ポルノに対する世間の目は年々冷たくなっているため、社会復帰することすら難しいです。

でもそんな簡単にバレないでしょ?

と思われますが、そんなことはありません。

警察にバレてしまうほとんどのケースは「親バレ」です。

LINE履歴を親に見られてしまい、その後警察に相談。

小学生や中学生の娘が、知らない男に裸を送っている、なんてことがわかったら、どの親もブチ切れますからね。

それに親バレリスクは写真交換だけではありません。

「自分の子供がネットを通して、知らない男と出会った」ということが分かれば、まともな親なら娘を問い詰めるでしょう。

そして体の関係があれば、即警察に言って、被害届けを提出。朝起きたら警察がやってきた…ということも十分ありえるのです。

LINE掲示板を通して、エッチな写真を貰うことや、出会おうとするのはまさに自殺行為なのです。

警察にパクられるリスクがあることを念頭に置きましょう。

無料のチャットアプリほど警察に目をつけられている。

近年LINE掲示板やチャットアプリ、コミュニティアプリは、警察から目をつけられています。

というのも、売春や児童ポルノの温床になっているといわれ、犯罪数も増加傾向だからです。

>>参照:交流サイトで子供の事件被害、最多の796人 15年上半期

上記のようにニュースになっているほど。

実は2000年代初めにも同じようなことがありました。

急速に携帯電話が普及したために、法整備も追いつかず、まさに無法地帯。

当時は「援助交際掲示板」や「出会い掲示板」があり、誰でもラクに未成年とヤレてしまう状態でした。

現代では誰もがスマホを持つようになり、格安simも普及してます。小学生、中学生がネットを使うことも珍しくありません。

そんな環境で、法律的にグレーゾーン(ほぼアウト)のLINE掲示板や交流アプリを警察がチェックしているのは当たり前とも言えます。

「誰でも気軽に利用できる」ことが売りですので、警察が仮面調査する可能性もありますよ。

ですから、無料のコミュニティアプリや掲示板を使うことは、コスパが悪すぎます。

女の子と出会える可能性はゼロではないですが、LINE乗っ取りや詐欺被害のリスク、さらに警察に一度でも捕まったら人生終了することもあり得ます。

女の子と安全に、ラクして関わりたいなら、公式のアプリを使うことが最適ですよ。

タダで出会いたいなら「出会い系」を使え。

LINE掲示板やコミュニティアプリよりも、昔ながらの「出会い系サイト」を利用した方が確実に出会えます。

というのも企業として運営している分、詐欺や悪質ユーザーの取り締まりに力を入れているからです。

大手出会い系だとわずかにサクラがいる程度。

サクラや業者を見かけたとしても、次の日にはアカウントが削除されているほどです。

また大手出会い系だと街角広告や女性雑誌にも広告を打っています。

男ばかりになりやすい出会い系でも、女性ユーザー獲得にお金をかけているのです。

知名度ゼロのLINE掲示板と、広告費に年間1億円かけている出会い系だと、どちらが女の子が多いと思いますか?

女の子の数が多いのは、間違いなく出会い系です。

でも出会い系だってお金かかるでしょう?

お金かかるのはちょっと…。できたらタダマンしたい…

と思う方もいるでしょう。

確かに出会い系はお金がかかりますが、マッチングアプリのように月額いくら、という金額はかかりません。

女の子と1人出会うためにかかる料金はせいぜい500~1000円程度。ワンコインでエッチできることも可能ですよ。

そして大手出会い系だと、初回登録時に約1000円分の無料ポイントが貰えます。

2~3つの出会い系に登録し、3000円分ほどポイントをかき集めれば十分楽しめますよ。

ただし大手出会い系でも、「出会いやすいアプリ」と「出会いにくいアプリ」があるので、初心者は注意すべき。

最短時間でラクしてLINE交換をするためにも、確実に出会えるサイトを使いましょう。

結論:LINE掲示板で出会おうとするのは時間のムダ。

LINE掲示板で女の子を見つけることは、はっきり言って時間のムダです。

反対に悪質業者の罠や、警察にパクられるリスクもあるので、デメリットのほうが多いとも言えます。

そのためラクして女の子と出会いたいなら公式の「出会い系」を使いましょう。

たとえ女の子のエッチな写真を要求しても、犯罪を犯すこともありませんよ。

出会い系のコツとしては、「女の子選び」も大切です。

中には連絡先交換のガードが堅い女や、出会うまでに時間のかかる女もいるほど。

もちろんデートのアポは取れますが、会う約束をするまでに2~3週間ほどかかる女もいます。

そのため出会い系初心者は、ラクにLINE交換ができて、デート後にラッキースケベも期待できる女を狙いましょう。

「そんな女いるの?」

と聞かれますが、出会い系には欲求不満の女から、気分転換に夜遊びしたい女など様々です。

すぐに体と心を許してしまうような女をターゲットにすれば、LINE交換後の流れもスピーディーですよ。

>>参考:ヤリマンの特徴と出会い方とは?100人切りした僕がセフレにしやすい女の攻略を解説する。

ぜひ出会い系を使って、女遊びを楽しみましょう。

1回デートできると、LINE掲示板を使うことが馬鹿らしくなりますよ。

-出会い系サイト攻略

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.