出会い系アプリやサイトを使う人にとって、心に残る「しおり」のようなサイトです。

出会い系アプリのしおり

出会い系サイト攻略

出会い系の年齢確認って保険証でもできるの?免許証がないなら保険証で名前を隠して送るべし。

ども!ヒロキです!

いきなりですが「出会い系の年齢確認ってどうやるの?保険証でもできるの?」と悩んだことってありませんか?

多くの出会い系は年齢確認を行っており、18歳未満は登録できないようになっています。

くわえて年齢確認のために用意するものは、免許証やパスポートといった顔写真付きの証明書ばかり…。

じゃあ、免許証はダメなの?

って思いますよね。

また時々、免許証の写真を撮って出会い系に送った後に、

記号とか番号載せたままにしたんだけど大丈夫かな…?
名前とか隠すの忘れたんだけど悪用されない?

と聞かれることがあります。

特に住所などを隠し忘れて送ってしまうと、不安になりますよね。

僕も経験あるのですが「悪質業者とか自宅に来たらどうしよう…」とか「悪用されたらどうしよう…」とか不安に感じることがありました。

大丈夫です。

実は保険証でも年齢確認の証明としてバッチリ使えます。

そして悪用されることはほとんどありません。

なぜなら出会い系サイトが「年齢確認」を行うのには理由があるからです。

そういった出会い系サイトの仕組みや裏側がわかっていると、不安に思う心配もありませんよ。

さて、今回は出会い系使用歴8年になる筆者が、初心者が抱えやすい問題などについて解説していきますよ。

出会い系の年齢確認って保険証でもできるの?

結論から言えば、保険証でも年齢確認はできます。

そして出会い系サイトが年齢確認としてほしい情報は「年齢」だけです。

つまり「この人は18歳以上なんだね!」とわかる情報さえあれば、他の情報はいらないです。

具体的には①年齢(または生年月日)と②発行元だけわかれば、他の情報は必要ありません!

たとえ年齢や生年月日がわかっても、手書きで簡単に書けるポイントカードのような紙であれば、信憑性が低いですよね?

本当にこの人18歳以上なのかなと、出会い系の運営側も感じてしまいます。

ですから「発行元」は重要ですよ。

保険証であれば「健康保険被保険者証」と「生年月日」さえ分かればOKです。

番号?記号?名前?

そういった情報は、指で隠してもいいし、画像加工のアプリで見えなくしても、年齢確認は通りますよ。

ほとんどの出会い系サイトは、年齢確認ができないと異性にメッセージが送れないようになっています。

出会い系サイトをしっかり使うためにも、年齢確認はきちんとしましょう。

年齢確認が済めば300~500円分のポイントをくれる出会い系も多いです。

そのポイントだけでも十分、女の子1人出会うことができますよ。

年齢確認を徹底している出会い系サイトは安全なサイト。

そもそもなんで年齢確認をしているの?

と聞かれますが、これは「出会い系規制法」という法律があるからです。

実は出会い系には暗い歴史があり、1995~2000年の出会い系はまさに無法状態でした。

援助交際の温床となっているサイトも多く、さらに中学生、高校生と手軽に出会うことができたため、トラブルや性犯罪も多くありました

さらには暴力団が運営しているサイトもあったほどです…。

そして2000年に入ってから、「トラブルを減らそう」「できるだけ子供が犯罪に巻き込まれる被害をなくそう」という動きがあり、18歳未満の利用を禁止する「出会い系規制法」ができました。

最近では警察の摘発により、危ないサイトや暴力団が運営しているようなサイトはほとんど減りました。

そういった暗い歴史があったために出会い系と聞くと「危なそう」「怖い」
と思う人も多いです。僕もそう思っていました。

とはいえ、まれに年齢確認を行っていないサイトもあります。

そんな出会い系ほど危険ですし、法律違反とも呼べますよ。

ちなみに年齢確認と合わせて、「電話番号認証」を行ってサイトはより危険です。

簡単にいえば、1つのスマホ・iphoneからは、1つのアカウントしか作れない、という認証です。

1つの携帯からいくつものアカウントが作れてしまうと、悪質業者が溜まりやすくなってしまいます。

そのため大手出会い系では「年齢確認」と「電話番号認証」は必須となっていますよ。

間違って名前や記号、番号を送ってしまったどうなるの?

保険証の写真を撮って送ったんだけど、名前とか消し忘れた…
保険者番号を載せたままにしたけど、トラブルにならないかな…

と心配になる人もいますが、トラブルになることはまずありませんよ。

何度も言うように、出会い系サイトが欲しいのは年齢がわかる情報だけです。

たとえ名前や余分な情報があっても悪用されることはありませんよ。

本当に悪用されないの?
保険者番号から個人を特定できないの?

と聞かれますが、「情報」だけを使って悪用するのは難しいのです。

たとえば、金融ローンなどでお金を借りるにしても、現物のカードを求められることがほとんどです。

病院で診療を受けるにも、保険のコピーならまだしも、「情報」だけではまず対応してくれません。

なにより大手老舗の出会い系サイトだと、セキュリティ対策にも力を入れているため、悪用されることはありませんよ。

上記でもお話しましたが、出会い系には暗い過去があり、何度も警察によるガサ入れが入っています。

警察も常に目を光らしているので、運営が悪さできないようになっているんですよ。

ですから、使う出会い系サイトさえ間違わなければ、たとえ名前や保険者番号を送っても問題ありませんよ。

それでも、

本当に大丈夫なの?

と心配になる人もいますが、それよりも厄介なのが出会い系にいる「サクラ」ですよ。

サクラとは、女のふりをした男性会員のことです。

最近では「出会い系がサクラを雇って男性会員から何千万もだまし取った事件」というトラブルがありました。

大手出会い系にはサクラの数は少ないですが、残念ながら少なからずサクラはいます。

ぶっちゃけ、出会い系いるサクラの判断は楽勝です。こちらの記事でも解説しているので、参考にどうぞ。

安全に出会い系を楽しむためには大手出会い系サイトを使おう。

出会い系を安全に使うためにも、「出会い系選び」は重要です。

正直app storeやplay storeで高評価ばかりのアプリは危険です。

「完全無料」とか「お金は一切かかりません!」という宣伝のアプリほどリスキーですよ。

本当に出会えるサイトほど、評価がシビアなことが多いです。

出会えるサイトでもやりとりが下手で、全く女の子と出会えずに低評価をつける人はいますからね。

ですから、評価が高すぎないサイトを選ぶことが大切です。

また安全な出会い系にはいくつか特徴があります。

企業が運営している
登録者数が多い
運営歴が長い
友人による24時間のサポート体制がある
セキュリティに力を入れている

こういった特徴がある出会い系を選びましょう。

運営がしっかりしていれば、保険証や免許証を送って余分な情報があったとしても、破棄されて終わり。

心配することはありませんよ。

マッチングアプリってどうなの?

と聞かれることがありますが、ぶっちゃけマッチングアプリよりも出会い系サイトの方がサポートが手厚いです。

大手出会い系だと運営歴が20年近くあるようなサイトもあるため、ユーザーを手助けするノウハウがありますからね。

また大手マッチングアプリでも会員数は300~500万くらいです。出会い系だと、1000万人以上の会員数があたりまえで、やはり登録者が多いほど出会いやすいです。

たくさんの人が登録しているので、それだけ安心できるサイトとも呼べますね。

ぜひ無名の聞いたことないアプリではなく、大手老舗の出会い系サイトを使いましょう。

いろいろな女の子と出会えて楽しい経験ができると、人生変わりますよ。

-出会い系サイト攻略

Copyright© 出会い系アプリのしおり , 2019 All Rights Reserved.